Sponsored Link

社会人の方や、就活生は、携帯電話を使って企業とやり取りする機会も多くなってきます。

そんな時に、マナーを知らないと、大変なことになってしまう可能性があります。

就活生の場合、大切な確認事項の電話を逃し、最悪の場合、採用のチャンスを逃してしまう可能性もあるのです。

普通の状態の時と、就活中の時とは、電話の対応も変わります。

今回、電話の折返しのマナーについて紹介していきます。

就活生の方は、しっかりと確認してくださいね。

不在着信があったら知らない番号でも折り返すのがマナー?

一般的に、不在着信が残っていた場合、知らない番号からの着信であれば、かけなおさない方が良いとされています。

それは、最近、電話を使った詐欺が起こっているからです。

折返しをした際にうっかり名前を名乗ってしまうと、そこから個人情報が漏れてしまう可能性があります。

そのため、知らない番号からの電話には折返しをしないのがベターです。

しかし、就活中は違います。

就活中の方は、企業側から、着信がある可能性がありますよね。

企業側は、固定電話からだけではなく、携帯電話のような番号から電話をかけてくる可能性もあります。

メールではなく、電話でコンタクトを取ってくるということは、とても大切な確認事項の可能性が高いため、折返しが必要です。

就活生の方は、知らない番号からの不在着信にも、折返しをするべきでしょう。

大事な相手からの不在着信…相手に電話をかける時の出だしの言い方は?

不在着信があった場合、折返しの電話をする際の出だしの言い方を紹介します。

まずは、電話がかかってきた旨を伝えます。

その際、何時にかかってきたのかを必ず伝えるようにして下さい。

そして、自分の名前を伝えます。

必要な情報を伝えると、企業側の方で、電話をした相手を見つけやすくなります。

自分の名前、折返しであるということ、電話がかかってきた時間を伝えて下さいね。

今日折り返す?明日にする?折返しの電話は何時までならかけてOK?

折返しの電話をするときは、時間帯に気を付けて下さい。

企業に電話をかける場合は、その企業の営業時間までに折返しをするのがマナーです。

もし、携帯電話の番号からかかってきたとしても、なるべく、就業時間内に折り返すようにしましょう。

もしも、留守電に急ぎの用事なので、すぐに折り返してくださいというメッセージがあれば、少し遅い時間でも折り返してください。

電話をしても良いのか迷ってしまった場合は、一度、メールで確認するのも良いかもしれません。

まとめ

Sponsored Link

就活中は、いつ、企業側から連絡が来るのか分かりません。

そのため、なるべく、携帯をこまめにチェックしておきましょう。

しかし、どうしても電話に出られない場合は、折返しをしてください。

マナーを守って、相手の都合の良い時間に折り返しましょう。

Sponsored Link