Sponsored Link

近年台風などの悪天候で大きな災害となるケースが多くありますよね。
そんな時に子供を学校に登校させるのはとても危険ですし、大人としても不安です。
朝学校から休校の連絡を受けたときにふと気になる休校は誰が決めているのか?を調べてみました。

臨時による休校は誰が決めているの?

やはり学校が決めているのではないかと思っていましたが、決定権は各市区町村でバラバラなことが判明しました。
大元は各市区町村の教育委員会です。
そして、そこから枝分かれしていきます。
教育委員会が直接判断する場合もあるのですが、教育委員会が各学校に判断を委ねているケースもあるようです。
各学校の最終的な決定権は校長先生。
なので、地域によって異なりますが、教育委員会もしくは学校が決めているという結果でした。
学校が各自で決めている場合は同じ市区町村であっても、休校になっている学校もあれば休校にはなっていない学校もあり、ちぐはぐなこともあるようですよ。

台風などの自然災害が理由で学校が休みになる基準の目安は?

台風の日の朝6時までの警報で、その日昼まで警報が解除されそうにないこと。
朝6時時点では問題がなくても、昼までに警報が出されそうなこと。
を基準にして決定していくようです。
また、登校をしたあとに警報が出て下校までに天候が悪化することが見込まれた場合。
途中で休校になることや、その翌日の休校が決まることもあるのでこの基準が絶対的なものではないようです。

休校のお知らせはいつ頃までに知らされるもの?

暴風・大雪・暴風雪や特別警報(警報をはるかに超える災害が予想される時)には、小中学校は朝7時まで。
特別支援学校に通っている場合は朝の6時までにお知らせが行きます。
その理由としては、登下校に要する時間が関係しており、小中学校は比較的近くにあるため登下校の時間を考えて1時間前。
特別支援学校の場合は、車などで送り迎えしている方が多いためより早い時間にご家庭に連絡が行きますよ。

親が判断して子供を休ませるのもあり?

昔…といってもそんな大昔ではありませんが、親の判断に学校がゆだねていたこともありました。
学校からは連絡はなく、クラスに集まった子は少数…
ということもよくあったそうです。
ですが今は親が危険だと思う天候の日には大体学校からすでに連絡があると思います。
それぐらい学校の判断も慎重になってきているということです。
もし、親の判断で休ませなくてはいけない天候だと思った時は、まず学校に連絡してみてください。
周りの親もその意見に賛成している場合は学校側も休校措置をとるかもしれません。

まとめ

Sponsored Link

いかがでしたでしょうか。
私の小さい頃は大雪で前が見えなくても、大雨で木がなぎ倒されていても休校するのは一年に1回あるかないかでした。
ですが近年の天候の変化に、毎年のようにニュースを見ながら驚いている間に、学校側も天候悪化に伴い判断を慎重にならざるを得ない状況になってきたのですね。

Sponsored Link