Sponsored Link

日本の電車は正確な時間に運転してくれるため、とても助かります。

しかし、台風など影響で安全に運行できないと判断した場合、電車の運行がストップすることがあります。

最近では異常気象の影響で、季節外れの台風や、大型の台風が増えています。

正確な時間に運転してくれることが当たり前だと思っているので、電車がストップすると、困ってしまう方は多いのではないでしょうか。

もしも通勤の際に電車が動かない場合、タクシーを利用するという方法があります。

その時のタクシー代は、自分で払わなければいけないのでしょうか。

今回は、台風で電車が動かなくなってしまった時、タクシーを利用した際の代金の支払いについて紹介します。

ぜひチェックしてみてください。

台風で電車がストップ!出勤や帰宅のためのタクシー代金は経費で落とせる?

台風で電車が動かなくなってしまった場合、どうしても出社しなければいけない状況であれば、タクシーを利用する方が多いと思います。

その際の代金は経費で落とせるのでしょうか。

基本的に、タクシー代は自腹ということになります。

会社には、このような場合に代金を支払わなければいけないという決まりがないからです。

一般的には、台風は予測することが出来ます。

そのため、会社側は、予め、出社時間を遅らせたり、帰宅時間を早めたりして、対策をします。

どうしても時間を変更することが出来ない仕事に関しては、会社に事前に相談し、許可をもらってからタクシーに乗ると良いかもしれません。

災害時のタクシー代を社員に自腹させるのは違法?

会社には、法的な支払い義務はありません

そのため、タクシー代を社員に自腹させても違法にはならないのです。

しかし、どうしても仕事に出なければならない事情がある場合は、会社にその旨を伝え、判断を待ちましょう。

タクシーに乗ってきてくださいという会社からの指示があった場合は、何らかの対応があるかもしれません。

自分で勝手に乗ったタクシー代を、会社に負担させることはかなり難しいでしょう。

会社に経費として認めさせる上手な方法やコツってあるの?

台風の影響で電車が動かなくなり、タクシーを利用した際の代金を経費として認めてもらうのは、とても難しいことです。

台風の場合、事前にある程度進路が分かるので、会社側も何らかの対応をしていることがほとんどです。

その指示に従うことで生じた代金は経費として認めてもらえる可能性があります。

しかし、自分の判断でタクシーに乗った場合、経費と認めてもらうのは難しいと言えます。

まとめ

Sponsored Link

法的には経費として認めてもらうことはできませんので、支払ってもらうことはできない可能性が高いです。

どうしてもタクシーに乗らなければいけない状況になったら、タクシーに乗る前に、上司に相談し、代金に関しても聞いておくと良いでしょう。

台風の場合は遅れて仕事が始まるなど、会社側も何らかの対策をすると思いますので、その指示に従うのが、一番良い方法です。

Sponsored Link