Sponsored Link

日本には四季があります。

春は桜の花見、夏は海水浴、秋は紅葉、冬は雪景色など、春夏秋冬、それぞれの季節に魅力があります。

しかし、季節の変わり目は、様々な体調不良が生じることがあります。

特に梅雨時期は、体調を壊してしまったり、何事にもやる気が出ない状態が続いてしまうことがあります。

今回は、梅雨時期のもやもやについて紹介していきます。

梅雨を快適に過ごすためのポイントなども紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

梅雨になると気分が落ち込むのは何故?

梅雨になると、なぜか気分が落ち込んでしまうという経験があると思います。

人間は、幸せであると感じている時に、セロトニンというホルモンが分泌されます。

そのセロトニンは、日光を浴びることで分泌が促進されるのです。

梅雨の時期は、雨が多いため、曇りがちの天気になり、日光を浴びる機会が少なくなります。

そのため、気分が落ち込んでしまうのです。

また、気温や湿度が変わりやすい時期でもありますので、そのことが影響して頭痛やめまいなどが起こることもあります。

梅雨に食べると元気になる食べ物は?

天気や気温、湿度を変えることはできませんので、自分でしっかりと対策をする必要があります。

まず大切なことは、食事です。

規則正しい食生活は、梅雨にも負けない体を作ってくれます。

梅雨時期に食べたい食べ物は、セロトニンの材料となるトリプトファンを多く摂取することです。

トリプトファンが多く含まれる食材は、乳製品、肉や魚、大豆、バナナ、落花生などです。

これらの食材を積極的に取り入れると、梅雨時期のもやもやを解消することが出来るかもしれません。

気分を落ち着かせるのに効果的なアイテムやグッズはある?

気分を落ち着かせるためには、まず、ストレスを解消する必要があります。

ストレスを解消するためにおすすめのグッズは「カオマル」という商品です。

ぷにぷにとした感触の様々な野菜に可愛らしいイラストが描かれているもので、いらいらした際、ぐにーっとつぶすと、気持ちが晴れますよ。

また、癒しの効果が欲しい際は、マッサージ器具などもお勧めです。

頭をやさしくマッサージするアイテムなどは、気分を落ち着かせてくれますよ。

私が考えるおすすめの気分転換方法を紹介♪

梅雨時期の憂鬱な気分を晴らすには、やはり、適度な運動が良いでしょう。

雨が降っていることが多いので、室内で出来る、ヨガなどがお勧めです。

ゆったりとした気分で、血流を促し、気分を落ち着かせてください。

初心者でも簡単にできるポーズもありますので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

まとめ

Sponsored Link

梅雨時期は、気分が憂鬱になりますが、気分転換の方法を知っていれば、怖くありません。

早寝早起きやバランスの取れた食生活など、規則正しい生活を心がけ、梅雨に負けない体を作りましょう。

Sponsored Link