Sponsored Link

日本には、大切にしたい伝統文化がたくさんあります。

その中の一つが端午の節句です。

現在では、子供の日として定着していますが、江戸時代の頃から、端午の節句は存在していました。

3月3日にひな祭りとして、女の子の健やかな成長を願う行事があります。

それと同じように、男の子の健やかな成長を願う行事が端午の節句なのです。

端午の節句には、鯉のぼりを飾ったり、しょうぶ湯に入るなどのしきたりがあります。

また、鎧兜を飾ることも端午の節句の重要な役割です。

鎧兜は、様々な危険から身を守ってくれるので、事故や災難から子供を守るという願いを込めて飾るのです。

最近ではおしゃれな兜も販売されています。

インテリアとして飾っておきたいと思うようなものもあると思います。

しかし、伝統行事の大切な置物をインテリアとして飾るのは罰当たりになってしまうのではないかと不安に思う方もいると思います。

そこで今回は、端午の節句の兜に関して紹介していきます。

おすすめの兜も紹介しますので、ぜひ参考にして下さいね。

五月人形をインテリアとして飾るのはダメなの?

桃の節句で飾る、雛人形は、シーズンが終わった後にそのまま飾ってしまうと、良くないと言われることがあります。

しかし、端午の節句の兜に関しては、年中飾っても問題はないようです。

インテリアとして飾っておきたいような兜が見つかったら、一年中飾って、その魅力を楽しんでください。

おしゃれでかわいい五月人形の兜を探してみた!

兜 インテリア 画像 に対する画像結果

とてもかっこいい兜です。

高級感がありますので、家が豪華になりますね。

兜 インテリア 画像 に対する画像結果

伝統的な兜とは少しイメージが違います。

インテリアにすること前提で購入するのであれば、このような兜もお勧めです。

兜 インテリア 画像 に対する画像結果あまりにも昔風の兜だと、家の雰囲気に合わないという方は、可愛らしい兜を飾ってみてはいかがでしょうか。

柔らかい印象になるので、お勧めです。

兜 インテリア 画像 に対する画像結果この兜はケースの中に入っているので、お手入れが簡単です。

小さな子供に触れられて、壊れてしまうという心配もいりませんよ。

兜 インテリア 画像 に対する画像結果とてもシンプルでスタイリッシュな兜です。

どのような雰囲気の家にもマッチするようなデザインです。

五月人形を飾る場所はどこがおすすめ?

五月人形は、基本的に床の間に飾るという伝統があります。

しかし、現在の住宅では床の間がないところも多いようです。

そのため、家族が集まるところに飾るのが良いでしょう。

リビングなどは、比較的広く、家族が集まる場所なのでおすすめです。

まとめ

Sponsored Link

日本には大切にしたい伝統行事がたくさんあります。

堅苦しく考えずに、楽しみながら端午の節句を迎えてください。

好みの兜を見つけ、子供の健康を願いましょう。

Sponsored Link