Sponsored Link

梅雨の時期、雨が続くと気持ちがどんよりするな~と思ってる人は多いと思います。
私も梅雨時期とても気持ちが暗くなり、何をするにも疲れた…面倒だな…と思うことが増えた経験があります。
それは、これを読んでいるあなただけではないのです。
梅雨に起こるこの体調不良はなんで起きるのでしょうか?

梅雨になると体調不良に陥りやすいのは何故?

梅雨時期の体調不良の原因のは、
・長引く低気圧
・外気温の寒暖差
・高い湿度
が関係しています。
低気圧が長引くと副交感神経(体を休ませてしまう神経)を活発にさせるため、だるさを感じやすくなります。
そして、低気圧は発熱物質を活発にさせてしまう効果も併せ持っていて、肩こりなども引き起こしやすくなります。
外気温の温度差が大きくなってくると体が気温の変化についていけずに、ストレスを知らないうちに溜め込み、疲れやすさを感じやすくなります。
高い湿度は、空気中だけではなく体内にも水分を溜め込むことにつながり、胃腸の不調を引き起こします。
こういったいくつかの条件が梅雨には重なり、体調不良を引き起こしやすくするのです。

梅雨の不調に梅干が効果あるって本当?ホンマでっかTVでも大絶賛!

なぜ梅干が効果大!と言われているのか…
調べてみると梅干に含まれているクエン酸や塩分が効果的な働きをしていることが判明しました。
実際にホンマでっかTVで紹介されていた内容をご紹介します。

疲労・ストレス・食中毒・胃腸の不調・食欲低下・アレルギー疾患を引き起こしやすい梅雨時期には梅が一番!
梅肉エキスを1日に3g食べることで体調不良を治せるのです。
ほんのちょっとだけでいいのですが、1個食べたら十分すぎるぐらいですよ。

上記のように学者の方がホンマでっかTVで実際に伝えられていたのです。
梅干は熱中症対策に効くというのは皆さんご存じですよね。
数年前から、梅干は猛暑日が続く真夏には欠かせない食べ物になってきましたが、梅干がもし梅雨の時期にも効くなら日頃から常備しておくととても役に立つ食材といえますね。

梅干意外にも、梅雨におすすめの食べ物ってある?

梅干が苦手な方や食べられない方には乾物をおすすめします!
日の光を浴びて干された乾物にはビタミンやミネラル、食物繊維が豊富に注ぎ込まれており、冷えやむくみ、胃腸の不調を改善してくれますよ。
乾物で特におすすめなのが、高野豆腐です。
高野豆腐は上記した栄養の他にも栄養満点の食材で、私の家でもよく青椒肉絲などにいれて食べています。
梅干とは違いとても安価で手に入れやすく、調理も色々な方法ができるためおすすめです。
他にも、夏野菜を積極的に摂取することで、梅干以外でも梅雨の体調不良を乗り越えることが可能ですよ。

まとめ

梅雨時期のだるさや色々な不調を梅干を食べることで解決するとは本当に驚きました。
五月病といった言葉があるぐらい5月6月は特に精神疾患が悪化してしまう時期でもあり、そういった面でも時期を見て食材をしっかり選ぶことが重要なのだと言えます。
もし、毎日梅干や乾物などを食べて飽きてしまった時は夏野菜などで、気分転換するのもいいと思います。
たった数ヶ月の期間ですが、疎かにしてしまうと後々自分が辛くなってしまうので、しっかり栄養の整った食事を心がけてくださいね。

Sponsored Link