Sponsored Link

父の日に贈るプレゼントは決まっていますか?

お酒や食べ物、小物やお花など、それぞれに想いを込めたプレゼントを考えていると思います。

そのプレゼントをより素敵にするために、メッセージカードを添えてみてはいかがでしょうか。

ものをもらうだけではなく、メッセージカードが付いているというだけで、プレゼントが、より気持ちのこもったものになります。

しかし、メッセージカードって、どのようなことを書いたら良いのか、迷ってしまいますよね。

そこで今回は、父の日に贈るメッセージカードに関してまとめていきます。

手作りカードの作り方も紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

相手に響くメッセージを考えるコツは?

メッセージを書く際のコツは、短い文で簡潔に書くことです。

長いエピソードを書きたい場合は、手紙を書くことをお勧めします。

一番伝えたいことを的確に書くというのが、相手の心に響くメッセージを書くコツです。

また、できれば手書きでメッセージを書いてください。

今の時代は、パソコンなどで様々なデザインの文字を表現することが出来ます。

しかし、気持ちのこもっているメッセージを書くには、やはり手書きが良いでしょう。

字が下手な方はあまり書きたくないと思いますが、丁寧に一つひとつの文字を書くことが大切です。

父の日に伝えると喜ばれそうなメッセージの文例はコレ!

父の日に贈るメッセージの文例を紹介します。

文例1

いつも見守ってくれてありがとう。

文例2

毎日お仕事ご苦労様です。

文例3

健康に気をつけてね。

文例4

お酒やたばこは控えめにお願いします。

文例5

心から尊敬しています。

このように、短い文に気持ちを込めることが大切です。

英語だとまた違ったニュアンスに!英語の文例も紹介♪

文例1

thank you(ありがとう)

文例2

please stay well forever(いつまでも元気でいてください)

文例3

with love and prayers(愛と感謝をこめて)

手作りメッセージカードの作り方♪手作りだとメッセージが2倍伝わる!

とても可愛らしいシャツ型のメッセージカードですね。

シャツの前の部分を、いつもお父さんが使用しているネクタイの柄などにすると、より良いかもしれませんね。

少しの工夫で素敵なメッセージカードになります。

まとめ

Sponsored Link

父の日は、日ごろ伝えられない感謝の気持ちを伝える、良い機会です。

プレゼントを贈るのも良いですが、メッセージカードを添えるだけで、喜びは倍増しますよ。

少し時間をかけて、手作りのメッセージカードに挑戦してみるのもよいかもしれませんね。

Sponsored Link