Sponsored Link

6月の第三日曜日は何の日か知っていますか?

この日は父の日です。

母の日に比べると、忘れ去られがちな父の日ですが、日ごろの感謝を伝える良い機会ですので、ぜひ贈り物をしましょう。

しかし、父の日って何を贈ればよいのか迷ってしまいますよね。

あまりお金をかけずに喜んでもらいたいと考えている方は多いかもしれません。

そこで今回は、父の日に贈る、似顔絵の書き方などを紹介していきます。

少しのコツが分かれば、かわいい似顔絵を描くことが出来るかもしれません。

父の日のプレゼント選びに迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

父の日に似顔絵をプレゼントすると喜ばれる?

お父さんって、どんなことが好きで、どんなことで喜ぶのか、知らないという方も多いと思います。

日頃からあまりはなすことがないという方は特に、お父さんの好みが分からないでしょう。

女性は、プレゼントの金額や実用的であるかを重視する傾向があります。

しかし、男性は、プレゼントにどれだけ気持ちがこもっているかを重視する傾向があります。

そのため、似顔絵は、とても喜ばれる贈り物なのです。

お父さんのことを思いながら感謝の気持ちを込めて描くと、きっと喜んでくれるでしょう。

似顔絵の書き方のコツは?

一度書いただけではうまくいかない可能性がありますので、何度か挑戦してみると良いかもしれませんね。

上手く書けなくても、しっかり気持ちがこもっていれば、お父さんは喜んでくれます。

似顔絵に添えるおすすめのメッセージは?

父の日に似顔絵をプレゼントする際、できれば、一緒にメッセージを添えてください。

そうすることで、気持ちが伝わります。

なるべく手書きで書くようにしましょう。

例文を紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

例文1

お父さん、いつもありがとう

例文2

これからもずっと元気でいてね

例文3

いつも仕事ご苦労様です。体に気を付けてね。

例文4

お酒やたばこはほどほどにしてね。いつまでも元気でいてほしいから…

例文5

お父さんの姿、いつも尊敬してます。

自分がお父さんに伝えたいメッセージを簡潔に伝えるのがコツです。

専門業者に依頼するのもあり?相場はいくら?

父の日のプレゼントで似顔絵を贈る場合、できれば手書きで書いた方が良いです。

しかし、どうしてもかけない場合、専門業者に依頼しても良いでしょう。

その時は、お父さんの顔だけでなく、家族が集合した似顔絵をかいてもらいましょう。

値段は、業者にもよりますが、3000円から4000円のところが多いようです。

まとめ

Sponsored Link

父の日は、日ごろの感謝の気持ちを伝える良い機会です。

似顔絵を描き、その絵に一言メッセージを添えると、とても喜ばれる贈り物になります。

今年の父の日は、ぜひ似顔絵に挑戦してみてくださいね。

Sponsored Link