Sponsored Link

6月の第三日曜日は父の日です。

母の日に比べて、忘れられがちな父の日ですが、日ごろの感謝を伝える良い機会なので、プレゼントをしましょう。

しかし、父の日って、何を贈ればよいのか迷ってしまいますよね。

自分の父親であれば、直接聞くこともできますし、趣味などもある程度咲かります。

しかし、義理の父親となると、本当に迷ってしまいます。

そこで今回は義理の父に贈る、父の日のプレゼントについて紹介していきます。

プレゼント選びに迷っている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

義理の父へ贈る父の日のプレゼントの選び方♪

プレゼントを選ぶ際は、まず、事前にリサーチすることが必要です。

どのようなものが好きなのか、知っておくだけで、プレゼント選びが楽になりますよ。

普段、あまり話す機会がないのであれば、義理のお母さんに少し助けてもらっても良いかもしれませんね。

お酒は飲むのか、どんなものが好きなのか、洋服の好みや靴のサイズ、好きな色など、どんな些細なことでも、プレゼント選びのポイントになりますよ。

私がプレゼントをする際に気を付けていることは、形が残らないものを贈るということです。

年を重ねると、家の荷物は増える一方です。

そのため、なるべくものを増やさないために、形に残らないものを贈るようにしています。

義父へ渡すプレゼントの予算の相場はいくら?

一般的に、義理の父に贈るプレゼントは、3000円から5000円という方が多いようです。

贈るものにもよりますが、あまりお金をかけずに、感謝の気持ちを伝える方もいます。

自分のできる範囲で、気持ちのこもった贈り物をしてください。

私が考える義理の父に喜ばれるプレゼントランキングはコレ!

第五位 ネクタイ

まだ現役で働いていて、毎日スーツを着る方にはお勧めです。

好みが分からない場合は、シンプルなものを選ぶようにしてください。

第四位 パジャマ

洋服となると、好みがあるため、プレゼントしても着てもらえない可能性があります。

しかし、パジャマであれば、着てくれます。

素材にこだわったものを選ぶようにして下さい。

第三位 お菓子

男性も、甘いものが好きな方は多いようです。

普段は自分で買いに行くことが出来ないような、珍しいお菓子を贈ってみてはいかがでしょうか。

第二位 お花

父の日に黄色いバラを贈るというのはいかがでしょうか。

花があると、家も明るくなりますので、義母も喜んでくれますよ。

第一位 食事

一番うれしいのは、子供や孫と一緒に食事をするということではないでしょうか。

義父の好きなものを、一緒に食べに行き、ご馳走すると、とても喜ばれると思いますよ。

まとめ

Sponsored Link

父の日に贈るものは、悩んでしまうと思いますが、物よりも、日ごろの感謝を伝えることが大切です。

もしもお金がないのであれば、孫に似顔絵を描いてもらったり、手紙を書いたり、料理をふるまうということでも良いと思います。

気持ちがこもっていれば、どんなものでも喜ばれますよ。

Sponsored Link