Sponsored Link

父の日に毎年プレゼントを贈るという方はいますか?

母の日に比べると、忘れられることが多いのが父の日です。

父の日にプレゼントを贈らないのは、父親に感謝していないということではなく、きっと何を贈ればよいのか分からないからなのです。

普段あまり会話をしない父親なら、何を贈れば喜んでもらえるのかが分からないのは当然です。

しかし、父親側は何をもらってもうれしいのです。

何かを贈るということよりも、日ごろの感謝を伝えるということが一番大切です。

手ぶらで感謝を伝えるのは気持ちが進まないという方は、ぜひお花を贈ってみてはいかがでしょか。

今回は、父の日に贈る花について紹介します。

父の日に贈るプレゼントが決まっていないという方はぜひ参考にしてみてくださいね。

父の日に渡すバラの色は黄色が一番人気!でも落とし穴も…

父の日に贈るバラの色といえば、黄色が思い浮かぶ方が多いと思います。

なんとなく黄色を贈るよりも、黄色を贈る理由を理解して贈る方が気持ちが良いですよね。

黄色を贈る理由は父の日の提唱者であるドット夫人が父の墓前に白いバラを供えたことに由来しています。

生きている時は赤いバラ、亡くなってからは白いバラを贈るという風習が生まれたのです。

その風習が日本に伝わり、父の日にバラを贈るようになりました。

日本で黄色いバラがメジャーなのは、日本ファーザーズデイの黄色いリボンキャンペーンが大きく関係しています。

黄色は家族の愛情や尊敬を表すため、父の日のイメージカラーにしたということです。

しかし、黄色いバラには「嫉妬」という花言葉もあるため、贈るのをためらう方もいるようです。

気になる方は、他のお花を贈ることをおすすめします。

バラは本数や色によって花言葉が違う!

一口にバラといっても、様々意味があるのです。

バラを贈る場合は、きちんと意味まで考えて贈る必要がありますね。

また、贈る本数によっても意味が変わります。

例えば1本だと「一目ぼれ」12本だと「私と付き合ってください」100本だと「100%の愛」のようになります。

父親に贈るものですから、付き合ってくださいはナシですね。

おすすめは、8本です。

意味は「あなたの思いやり、励ましに感謝します」です。

父の日の贈り物にぴったりですよね。

私がおすすめする父の日にふさわしいバラの色はコレ!

私のおすすめは、紫いろのバラです。

花言葉は「尊敬」です。

紫のバラを8本贈ることで、感謝や尊敬の意味が込められると思いますよ。

まとめ

Sponsored Link

父の日は、日ごろ恥ずかしくて言えない感謝の気持ちを伝えるチャンスです。

花と一緒に、一言、ありがとうと書いたメッセージカードなどを付けても良いかもしれませんね。

今年の父の日は花と一緒に感謝の気持ちを伝えましょう。

Sponsored Link