Sponsored Link

運動会は子供たちも楽しみにしている学校行事の一つです。

炎天下の中、たくさん練習した成果を出そうと頑張っている姿は、保護者たちを感動させます。

しかし、気になるのは、運動会の際の暑さです。

最近の暑さは、以前の暑さとは比べ物になりません。

30度を超えることは当たり前で、35度を超える日も珍しくありません。

暑さは様々な体の不調を生みます。

運動会で熱中症になる方は実は多いのです。

今回は、運動会で熱中症にならないためにはどのようなことに心がければよいのかを紹介していきます。

知識として知っておくと、役立ちますので、ぜひ参考にして下さいね。

運動会は熱中症事故が多発する?本番だけじゃなく練習も危ない…

熱中症とは、暑さによって体に様々な不調が起こることです。

運動会は、炎天下の中、朝からお昼過ぎまで競技があるため、熱中症になる方が多いようです。

本番だけではなく、練習の際も、長い時間外で練習を行うことによって、熱中症になる可能性があります。

小学校の子供が心配…熱中症に対する対策・予防策を紹介!

熱中症を防ぐためには、まず、規則正しい生活を送ることが大切です。

睡眠不足などで、体力がない状態だと、エネルギーが足りなくなり、熱中症にかかりやすくなります。

練習などで疲れがたまっているので、運動会の練習が始まってから、本番までは、いつも以上に早く寝るように心がけましょう。

また、最近の小学生は、朝ご飯を食べないという方が多いようです。

これでは、お昼までの体力が持ちません。

運動会の練習や本番は、いつも以上に、運動をします。

そのため、朝ご飯をしっかり食べて栄養を補給しておくことはとても大切なことなのです。

まずは、暑さに負けないために生活習慣を見直しましょう。

しかし、どんなに気を付けていても、熱中症になりそうなくらいきつくなることはあります。

そんな時におすすめなのは、お茶やお水ではなく、スポーツドリンクを飲むということです。

汗と一緒に流れ出てしまった成分を補うことが出来ます。

また、体を冷やすことも大切です。

わきの下や太ももの付け根などを冷やすことで、体全体の温度が下がりやすくなります。

きついと感じたら、日陰や屋内に避難し、休息をとってください。

夏だけじゃない?春の運動会でも熱中症対策は必要?

春は、寒さから暑さへと変化する時期です。

そのためからだが暑さになれていません

そのためスポーツドリンクなどをこまめに飲むことはとても重要です。

まとめ

Sponsored Link

熱中症は、最悪の場合死に至ってしまうこのもある、危険な症状です。

運動会の練習が始まったら、規則正しい生活を心がけ、暑さに負けないようにしてくださいね。

Sponsored Link