Sponsored Link

運動会は、学生時代の重要な行事の一つです。

いい思い出やほろ苦い思い出など、様々な記憶が残っていると思います。

子供たちが頑張る姿は、感動をよび、一年一年の成長を感じることが出来ます。

そんな運動会に欠かせないのが、音楽です。

運動会の間中、どんな場面でも音楽が欠かせません。

その時に合った音楽を使用することによって、感動がより大きくなります。

今回は、運動会の入場曲について紹介していきます。

懐かしいあの曲から、最新の曲まで紹介していきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

運動会の入場曲♪私のおすすめはコレ!定番曲から~

・双頭の鷹の旗の下に

この曲は、ワーグナーが作曲した曲です。

始めのファンファーレが、わくわくする気持ちを掻き立ててくれます。

とても明るく、リズミカルな曲ですので、入場する際、音楽に合わせやすいという特徴があります。

入場している時に、アナウンスを入れる場合であっても、曲調が変化するところで上手に入れると良いでしょう。

・ラデツキー行進曲

この曲は、ヨハン・シュトラウス1世によって作曲されました。

運動会の入場曲として、とても有名です。

この曲を聴きながら運動会の始まりを迎えたという方はとても多いと思います。

実はこの曲は、オーケストラのプログラムになることも多いのです。

大きなホールで聴くと、また違った気持ちになりますよ。

・星条旗よ永遠なれ

この曲は、ジョン・フィリップ・スーザによって作曲されました。

この方は、元、アメリカの海兵隊音楽隊隊長です。

アメリカの愛国心の象徴ともいえる曲ですので、アメリカでは、国の公式行進曲に制定されています。

とてもはつらつとした曲ですので、入場行進曲にぴったりです。

運動会の思い出の曲となることでしょう。

・クシコスポスト

この曲は、ヘルマン・ネッケによって作曲されました。

冒頭から速いテンポで曲が展開していきます。

そのため、徒競走などの入場曲におすすめです。

運動会の入場曲♪私のおすすめはコレ!最新曲から~

・I LUV IT(PSY)

テンポが良く、ノリノリになれる曲です。

ダンスの入場曲にぴったりですよ。

・前前前世(RADWIMPS)

映画の主題歌としてとても有名になりました。

どの世代の方も口ずさむことが出来ますし、とても爽快な曲なので、入場にぴったりです。

・やってみよう(WANIMA)

CMで使用されている曲です。

とても前向きなきょくなので、これからの競技が盛り上がりそうな気持になります。

まとめ

Sponsored Link

運動会には、BGMが欠かせません。

その場面場面に合った曲を選ぶことで、競技がより盛り上がります。

定番曲や最新曲など、様々な年代の方が楽しめるように、幅広い曲選びをしてください。

Sponsored Link