Sponsored Link

幼稚園の運動会で手作りの賞状を送ろうと考えている幼稚園もあるかと思います。

その際に園児にも喜ばれる簡単な文章はどんなものか・・・と悩みますよね。

今回は賞状の文例やプロのような賞状をきれいに書くコツなどをご紹介していきます。

 

賞状を手作り♪幼稚園児がもらって喜ぶような文例を考えてみた!

幼稚園児がもらってもわかるような簡単な言葉を使いつつ、賞状風になる文例を考えてみましたので、参考になればと思います。

 

1等になった子に賞状をあげる場合の文例

 

賞状

〇〇 〇〇くん・ちゃん(園児の名前)

あなたは運動会のかけっこ競争で

すばらしい走りでみごと1位になりました

そのがんばりをたたえ賞状をおくります

 

 

参加した子が全員にあげる場合の文例

 

賞状

がんばったで賞

〇〇 〇〇くん・ちゃん(園児の名前)

 

あなたは運動会の〇〇〇〇(運動会の競技名)で

さいごまであきらめずにがんばることができました

そのがんばりをたたえ賞状をおくります

 

 

賞状をプロっぽく!キレイな字の書き方を紹介♪

 

まずはしっかりと薄い鉛筆などで下書きをしておきます。

その際には賞状にマス目がついているものだと下書きやレイアウトがしやすいでしょう。

 

下書きで文字を書く際には全ての文字を均等な大きさにするのではなく、漢字はひらがなよりも、やや大きめに書くようにするときれいに見えます。

 

動画では習字用の細筆で書かれていますが、手軽に用意できる筆ペンでも同じように書くことができます。

 

続いては筆ペンできれいに書くコツを紹介している動画です。

普通に文字を書くように書いていくわけではなく、止め・ハネ・はらいをしっかりすることがきれいに書くコツのようです。

ひらがなの書き方から漢字の書き方、コツまで丁寧に動画で説明されていますので非常にわかりやすくなっています。

最初は少し難しいかもしれませんが、練習あるのみです。

 

まとめ

Sponsored Link

運動会の賞状の文章を考える場合には、幼稚園児にもわかる文章の内容を考えるようにしましょう。

「賞状」の文字や、〇〇をたたえ賞状をおくります、などの賞状ならではの文章も忘れないようにしましょう。

 

プロっぽい賞状を書く場合には、まずはしっかりとした下書きをするようにしましょう。

マス目のある賞状の用紙で下書きをしていき、その場合には漢字はひらがなよりもやや大きめに書くようにするときれいに見えます。

賞状を場合にはマジックペンなどではなく、習字の細筆や、筆ペンなどで記入するようにすると一層プロのような賞状に仕上がります。

 

Sponsored Link