Sponsored Link

運動会はかけっこや障害物競走、ダンスや組体操など、様々なプログラムがあります。

そのため、思い出はたくさんあると思います。

しかし、運動会を題材にした作文を書かなければいけない状況になった時、どのようなことを書いたら良いのか迷ってしまうのではないでしょうか。

出来事が一つであれば、そのことを書けばよいのですが、運動会の場合、たくさんの出来事が一日に起こりますので、何を書けばよいのか迷ってしまうのです。

今回は、運動会の作文を書く時のコツを紹介していきます。

運動会の作文を書かなければいけないけど、どのようなことを書いたら良いのか悩んでいるという方は、ぜひ参考にして下さいね。

運動会の作文は何を書けばいい?ネタ選びのコツ

運動会の作文を書くコツは、運動会全体の流れを書くのではなく、一番感動した場面や、頑張った場面を中心に書くということです。

朝起きて、学校に行き、かけっこに参加し、ダンスを踊りました。

というような、一日のスケジュールを説明するような作文は、面白くありません。

ダンスを頑張ったのならば、ダンスについて書くというように、自分が一番力を入れた事柄を中心に作文を書いていくと、うまく書けます。

作文は題目が重要!魅力的なタイトルの付け方と例を紹介♪

作文の題目は、見る方が興味をそそられるようなものが良いでしょう。

面白そうであると感じさせるような題目を付けてみましょう。

・奇跡のリレー

この題目を見ただけで、何が起きたのか、内容が知りたくなりますよね。

このように読み手の興味をそそるような題目がお勧めです。

・世界一の応援団

感動的な話になりそうな題目です。

自分を応援してくれた人について書いていく作文に最適です。

・輝くピラミッド

組体操は、みんなで力を合わせて何かを作り上げるという目的があります。

本番までにどのような困難があり、どのように克服してい来たのかなどを書くと良いでしょう。

出だしの1行が決まると楽に書ける!

始めの1行が決まると、後はすらすらとかけてしまうかもしれません。

おすすめの書き出しを紹介します。

・「バーン!」スタートを知らせるピストルと同時に、私は走り出した。

・青空の下で、私は泣いていた。

・「がんばれ!」この言葉が私に奇跡を起こした。

・私は風になった。

まとめ

Sponsored Link

運動会の作文は、要点を絞って書くことが大切です。

一番心に残っていることを中心に書いてみてください。

上手く書こうとするのではなく、自分が感じたことを思いのままに書くことが重要です。

一度かき上げた後は、何度か読み直して、おかしなところがないか、確かめてくださいね。

Sponsored Link