Sponsored Link

12月になると、クリスマスや大掃除、年越しの準備やお正月の準備など、とても忙しくなります。

最近では、カウントダウンライブなども盛んに開催されているため、自分の家ではないところで年越しを迎える人も多いかもしれません。
しかし、家でのんびり年を越す方もいるでしょう。

そのような方は年越しそばを食べるのではないでしょうか。
今回は、年越しそばを手軽に済ますため、カップ麺を食べようと考えている方に、どん兵衛緑のたぬきの違いを解説します。

年末になると食品店でも多く見かける、この二つのカップ麺の違いを知り、年越しそばを選ぶ際の参考にしてください。

年越しそばをカップ麺で済ますのはあり?

日本人であれば、小さいころから当たり前のように食べている年越しそばですが、どのような意味があるのでしょうか。

そばはうどんなどに比べて麺が切れやすいという特徴があります。
その特徴から、年を越す前に食べることによって、今年一年の厄を断ち切り、新しい年を迎えるという意味を持つとされています。

また、麺が細くて長いことから、長寿の縁起物として食べられてきました。
最近では、便利なカップ麺なども売られています。

そばを食べるという風習は、日本特有の縁起を担ぐという意味からきたものですので、カップ麺でも全く問題ありません。
しかし、どうしても気になるのであれば、自分で作って食べてください。本人の気持ちが済むように工夫することが大切です。

どん兵衛と緑のたぬきの違いは?

どん兵衛と緑のたぬきは、どちらもカップ麺としてはとても有名です。
まず、大きな違いは、作っている会社が違うというところです。

どん兵衛は日清食品から発売されており、緑のたぬきは東洋水産から発売されています。
特徴として、どん兵衛も緑のたぬきも、同じ商品でありながら、地域によって微妙に味を変えているというところがあります。

地域によって美味しいと感じる味が異なるので、その好みに合わせて味を変化させているのです。

人気の理由はこのようなところにあるのかもしれません。
二つのカップ麺の値段は、どちらも180円と、違いはありません。

カロリーは、地域によって違いますが、基本的にどん兵衛が400キロカロリー前後なのに対し、緑のたぬきは480キロカロリーと、少し緑のたぬきの方がカロリーは高めです。

売り上げは、トータル的に互角の戦いです。どちらのメーカーも人気ですので、さすがの戦いであると言えます。

どん兵衛と緑のたぬきを食べ比べ!美味しいのはどっち?

どん兵衛と緑のたぬきはどちらが美味しいのか。

結果的には、どちらもおいしいです。

しかし、この二つには違いがありますので、自分の好みのほうを選ぶことが出来ます。
麺はどん兵衛がストレート麺です。コシがあるため、
しっかりした麺が好みの方にお勧めです。

一方の緑のたぬきの麺は少しウェーブしていますので、ダシが絡みやすいという特徴があります。
ダシが好きな人にお勧めです。
天ぷらは、どん兵衛が最後までサクサクと食べられ、
緑のたぬきはダシを含んでふんわり食感です。

好みは人それぞれですので、自分が好きな方を選ぶと良いでしょう。

まとめ

Sponsored Link

年越しそばは、日本の伝統的な文化の一つです。
一年の厄をすべて切り、新しい年を晴れ晴れとした気持ちで迎えるという意味があります。

意味を考えながら食べると、より一層、年越しそばが美味しく感じられるかもしれません。
カップ麺のクオリティーはとても上がっています。
忙しい現代の人には、カップ麺という選択肢もあってよいのではないかと思います。

好みのカップ麺で、気持ちよく新しい年を迎えてください。

Sponsored Link