Sponsored Link

運動会といえば、徒競走や障害物競争など、日ごろは見せない子供の真剣な姿が見られます。

一生懸命に走ったり踊ったりする姿は、とてもかわいく見えるものです。

運動会の中でも、一番盛り上がり、感動を呼ぶ競技は、やはり組体操です。

一生懸命に難しい技に挑戦する姿は、子供の成長した姿を見ることが出来るため、とても感動します。

昔は、太鼓や笛の合図で動いていた組体操ですが、最近は、音楽に合わせて組体操を行う学校が増えてきています。

子供たちの頑張る姿に、音楽が加わることで、より感動が大きくなるのです。

今回は、運動会の組体操にかかると盛り上がる曲を紹介します。

運動会の組体操で流れると感動的な曲は?

運動会の組体操は、運動会の見せ場です。

小学校6年生の組体操は、小学校6年間の子供の成長を感じることが出来ます。

難しい技などに一生懸命取り組み、みんなで力を合わせて演技する姿は、大きな感動を生みます。

組体操の感動をより引き立たせるのは、音楽です。

組体操で流れると感動する音楽をいくつか紹介していきます。

・ネバーエンディングストーリー

ミヒャエル・エンデのはてしない物語を元にした映画やドラマで使われている曲です。

テンポが良く、組体操がかっこよく決まって見えます。

・ヒーロー/安室奈美恵

リオデジャネイロオリンピック、パラリンピックのテーマソングとしても有名です。

とてもかっこよい曲で、メッセージ性が強く、子供にも伝わりやすいのでお勧めです。

・栄光の架け橋/ゆず

アテネオリンピックのテーマソングです。

この曲を聴くと、北島康介の金メダルや体操男子団体の金メダルを思い出す方も多いでしょう。

運動会でも、子供の頑張る姿にリンクし、感動を呼びます。

・夢/グリーン

グリーンの曲はメッセージ性が強いものが多いため、歌詞でもグッときます。

グリーンの曲には他にも組体操に使うと良いものがありますので、何曲かピックアップしてみるとよいです。

・パイレーツオブカリビアン

海賊の映画、パイレーツオブカリビアンは全世界でも人気のある作品です。

その映画の中で使われている曲は、かっこよいものや切ないものなど、様々です。

組体操の雰囲気に合わせて曲を選ぶと良いでしょう。

・ひまわり/葉加瀬太郎

クラッシックの中でも知名度が高い曲です。

バイオリンの優雅なイメージと、迫力のある雰囲気がある曲です。

実際の運動会の様子を紹介します。

様々音楽を駆使して、組体操を盛り上げています。

きれいに見せたい場面では、落ち着いた音楽を流し、迫力のある場面ではテンポ感のある曲を使用しています。

曲の中でも一番盛り上がるサビの部分に一番の見せ場を持ってくるなど、先生たちの努力が見られる組体操ですね。

児童たちの一生懸命な姿が見る人を感動させます。

子供たちも楽しむことが出来るように、今どきの曲などを使用していることもポイントの一つです。

まとめ

Sponsored Link

運動会の組体操は、子供の成長がみられるため、とても感動します。

組体操の際に使われている音楽は、一生の思い出の曲になります。

今年も素敵な組体操が感動を呼ぶことでしょう。

Sponsored Link