Sponsored Link

ゴールデンウィークは、お出かけをしようと考えている方も多いと思います。

軽井沢は、ゴールデンウィークの時期から、ようやく春めいてきます。

そのため、東京などで4月ごろに見ごろを迎えるを、ゴールデンウィークの時期に楽しむことが出来るのです。

そのため、ゴールデンウィークのお出かけにはお勧めの場所です。

東京からのアクセスもしやすいため、行きやすいというメリットもあります。

しかし、軽井沢は標高が高いため、寒暖の差が激しいという点には注意が必要です。

今回は、ゴールデンウィークの時期の軽井沢の気温などについて紹介します。

おすすめの服装も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

ゴールデンウィークの軽井沢の気温は?昼と夜で気温差はある?

軽井沢の標高は1000メートルくらいあります。

そのため、寒暖の差が激しいという特徴があるのです。

例年、軽井沢の気温は晴れた日の最高気温が24度前後です。

雨が降ったりすると、最高気温でも15度前後となります。

東京の気温と比べると、平均して5度前後軽井沢の気温の方が低い傾向があります。

朝と夜では、かなり気温差がありますので、服装で調整する必要があります。

ゴールデンウィークの軽井沢でおすすめの服装は?

ゴールデンウィークの時期に軽井沢に行く場合、寒暖の差に備えて、服装を考える必要があります。

昼間は、長そでのTシャツ一枚で快適に過ごすことが出来ます。

しかし、日が傾いてくると、寒さが増してきますので、上に羽織ることが出来るようなものを持っておくと良いでしょう。

カーディガンやジャケット、パーカーなどを一枚持っておくと、とても重宝します。

日中は使わなくても快適に過ごすことが出来ますので、邪魔にならないような上着が良いでしょう。

ユニクロなどで販売されている、折りたたんで持ち歩くことが出来る上着などを持っていくと良いかもしれません。

体温を調整するのに役立つアイテムは?

ゴールデンウィークの時期は暑すぎるということはないので、体温の調節には、暖を取ることが出来るものをお勧めします。

カイロやストールなどは、あると便利です。

東京で過ごしている感覚で軽井沢に行くと、とても寒い思いをしてしまう可能性があります。

まとめ

Sponsored Link

ゴールデンウィークの軽井沢は、桜の季節になるため、とてもおすすめです。

しかし、標高が高い分、寒暖の差が激しいため、服装には注意が必要です。

しっかりと準備を行い、快適で素敵な旅行になるようにしてくださいね。

Sponsored Link