Sponsored Link

ワインのお供に最適なカマンベールチーズですが、チーズの外側に付いている皮のようなものはどうしていますか?

一般的に売られている6pチーズなどには皮はありません。

そのため、そのまま食べるという方も多いと思います。

しかし、カマンベールチーズには白い皮のようなものが付いているため、取って食べるべきなのか、そのまま食べるべきなのか、迷いますよね。

今回は、カマンベールチーズの外皮について紹介していきます。

美味しく食べられるレシピも紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

カマンベールチーズは皮ごとそのまま食べるのが普通?

カマンベールチーズの皮はどのようにするのがマナーなのでしょうか。

チーズの本場、フランスの中でも意見が分かれるようです。

チーズの皮はチーズを美味しく保つための包装紙にすぎないという考え方の方がいます。

一方では、本当のチーズの美味しさを知っている人ならばチーズの皮の美味しさが分かるはずだという意見もあります。

カマンベールチーズの表面の皮はリンドといいます。

これは白カビの一種で、このリンドの働きによって、チーズの風味が作り出されます。

中身に比べて固いですが食べても問題はありません

一般的には、固すぎる皮は取り除き、柔らかい皮は食べるという方が多いようです。

チーズの皮に栄養はある?

カマンベールチーズの表面の広い部分は、白カビです。

しかし、厳密にいうと、カビというよりも、産膜酵母という酵母の一種なのです。

そのため栄養があるというよりも、チーズを熟成させるという役割を担っているのです。

ですので、食べても大丈夫ですが、食べなくても良いということなのです。

チーズの外皮の取り方は?

カマンベールチーズの外皮が気になるという方に、お勧めの取り方を紹介します。

カマンベールチーズの外皮を取る時、電子レンジを使うと、うまく取れない可能性があります。

そのため、チーズを少し柔らかくするため、一度常温に戻し、その後、白い皮の部分以外の中身だけをスプーンですくいだします

このようにすると、きれいに皮を取り除くことが出来ます。

カマンベールチーズの美味しい食べ方は?皮ごと食べるおすすめレシピ

カマンベールを皮ごと食べるお勧めレシピを紹介します。

カマンベールチーズの磯辺揚げです。

この料理は、皮ごと食べても、気にならないのでお勧めです。

ちくわの磯辺揚げの要領で、カマンベールチーズに衣と青のりをまぶし、あげるだけです。

おつまみにもおかずにもなるので、お勧めです。

まとめ

Sponsored Link

カマンベールチーズは、表面の皮も食べることが出来ます。

しかし、気になる方ははずして食べてもマナー違反にはなりません。

チーズの状況によって、食べるか否かを決めると良いでしょう。

Sponsored Link