Sponsored Link

甲子園で一番盛り上がるのは、やっぱり夏の甲子園ですよね!

夏になると甲子園の季節だな~と思う方や毎年夏の楽しみになっている方も多くいることでしょう。

夏の高校野球を観戦♩熱中症対策は必要?

夏の甲子園は熱い中や炎天下の中でありますので、熱中症対策は必須です!

できるだけ日陰になっている席や風通しのいい場所を選んでおくことも重要となります。

熱中症は気を付けていてもなってしまうものであります。

気分が悪くなったり、少しでも体調が悪いなと思った場合には早めに救護室に行ったり、観戦をやめたり、帰宅するということも大切となります。

 

熱中症対策と合わせて、日焼け対策もしっかりするようにしましょう。

風通しのいい薄手の長袖を羽織ったり、日焼け止めクリームを塗ったりという対策です。

長時間太陽の下にいると軽いやけど状態になってしまいますし、水ぶくれすると後で対策しとけばよかった~と後悔してしまうでしょう。

暑いと思いますが、肌の露出は極力避けるようにするといいでしょう。

熱中症予防に有効な服装や素材は?

まず、帽子は必須アイテムです!

なるべくツバの部分が広いものを用意するといいでしょう。

帽子は日光を遮ってくれますが、帽子をかぶる際には頭に熱がこもりやすくなりますので、定期的に帽子をぬいで風を頭に当てるようにしてくださいね。

 

首や腕・膝もタオルやアームカバーでしっかりと日差しから守りましょう。

長袖を着用するよりも、簡単に脱げるように風通しのいい薄手の長袖を羽織ることをおすすめします。

 

熱中症対策におすすめのアイテムや持ち物を紹介♩

熱中症対策におすすめのアイテムや持ち物を挙げていきます。

 

◆おすすめの荷物◆

・帽子(迷惑にならない程度にツバが大きいもの・タオル+帽子で自作しても〇)

・水分(カン・ビンは禁止なのでペットボトルや水筒を持参しましょう)

・塩分(塩飴などで塩分の補給を)

・扇子やうちわ(甲子園球場は風を感じにくく熱気がこもりやすいので)

・保冷材

・タオル(体に巻いたり、汗を拭いたり保冷材を包んだり、座席が熱い時に敷いたりと万能)

・サングラス(試合が見えにくくなるが紫外線対策にはいいです)

・ウエットティッシュ

・荷物が入る大きなビニール袋やごみ袋(雨が降ったり水分をこぼしても汚れないので便利)

 

◆あったら便利と思われるおすすめアイテム◆

・無臭の制汗剤やコールドスプレー(高温にならないように注意!匂いは迷惑になるので無臭・スプレー缶は必ず持ち帰ること!)

・ひんやりするタオル(濡らして何回も使えるものがありますね!)

 

日傘は周りがガラガラの場合はいいのですが、混み合っている場合には、後ろの席の人が試合が見えにくくなったり、周囲にぶつかったりとトラブルの元になりますので。周囲の商況を見てから使用するようにしましょう。

 

まとめ

Sponsored Link

甲子園は盛り上がるので、ついつい集中して暑さを忘れてしまいがちになります。

しっかりとした熱中症対策・日焼け対策と共に自身の体調管理にも十分に注意しましょう。

 

荷物も多くなりがちなので、現地調達できるものは現地で調達するのもいいでしょう。

Sponsored Link