Sponsored Link

日本人は働きすぎであるという話を聞いたことがある方は意外と多いのではないでしょうか。

実際、大型連休であるゴールデンウィークも、休みを取らずに働いている方がいるようです。

休みたいけど、会社の仕事上休むことが出来ないという方も多いようです。

今回は、ゴールデンウィークに仕事をしている人の割合を紹介します。

ゴールデンウィークに働いている方の声や、休みがとりにくい職種についても紹介していきます。

ぜひチェックしてみてくださいね。

ゴールデンウィークにも仕事する人の割合は?

ゴールデンウィークにカレンダー通りの休みを取得する方の割合は、32.1%です。

また、有給を使って連休を作るという方が7.5%の割合です。

そんな中、休みを取得しないという方が14.3%も存在することが分かりました。

連休を満喫している方よりも、休みを取得せずに働いている方の割合の方が多いということなのです。

やっぱり辛い?ゴールデンウィークに働いている人たちの声

実際にゴールデンウィークに働いている方はどのように思っているのでしょうか。

一番多い声は、仕事だから仕方ないというものです。

休みがとりにくい雰囲気というものが会社の中にあるという方もいるようです。

本当は働きたくないけど、仕方なく働いているという方が多いようです。

しかし、ゴールデンウィークに休みを取ると、家族サービスしなければいけないから、仕事をしていた方が良いという意見もありました。

また、連休明けに仕事が溜まってしまうから、休めないという方もいます。

それぞれが、様々な理由でゴールデンウィークに働いているようです。

ゴールデンウィークでも休みなしになりがちな職種を調べてみた!

ゴールデンウィークに休みが取得できない職種は、様々です。

一部を紹介していきます。

・接客業

一般の方が休んでいる時こそ、繁盛するのが、飲食店などの接客業です。

とても忙しくなるため、休むことが出来ません。

・病院関係

入院患者を抱えている病院で働いている方は、ゴールデンウィークなどの休みは関係ありません。

人の命を預かっているため、簡単に休むことが出来ないという事情があります。

・製造業

きっちり休みが取得できるイメージの製造業ですが、製造している商品によっては、休みがないという場合もあります。

24時間体制で機会を動かしている会社もあるため、ゴールデンウィークは関係ないという会社もあります。

まとめ

Sponsored Link

ゴールデンウィークに働いている方は意外と多いようです。

仕事できついと感じた際は、日本の社会人はみんな頑張っていると思い、踏ん張ってください

しかし、本当に休みたい時は、休みを取る勇気も必要であると思います。

働き過ぎて、体を壊さないように注意して下さね。

Sponsored Link