Sponsored Link

妊娠中の腰痛は辛いものですよね。

できれば経験したくないですが、妊娠中の腰痛はみんな経験するものなのか・・・腰痛を和らげるにはどうしたらいいのか・・・など疑問がおおいと思います。

今回は妊娠中の寝方や腰痛対策などまとめていきます。

腰が痛くて寝れない!妊婦の腰痛は皆が経験するもの?

全ての方が経験するとうわけではないようです。

妊娠前は腰痛はなかったのに、妊娠中は腰痛を感じたという方が「8割」いたそうです。

8割の中には以前から腰痛があり、妊娠中も腰痛に悩まされたという方も含まれていますが、多くの妊婦さんが腰痛に悩まされていることがわかりますね。

 

妊婦におすすめの寝方は?仰向け?うつ伏せ?横向き?

妊娠するとどんどんとお腹が大きくなっていき、眠る体制も寝にくくなり、寝苦しくなっていきますよね。

どの寝方で寝ればいいのか・・・この体制でいいのか・・・と不安に思う方もいるでしょう。

 

☆仰向けに寝る☆

背中を下にして天井を見て寝る姿勢になります。

最もポピュラーな寝方ですね。

妊娠する前は仰向けで寝ていたって方も多いかと思います。

しかし、お腹が大きくなってくると妊婦さんが仰向けで寝ることはリスクがあるようですので、おすすめはできません。

 

☆うつぶせで寝る☆

うつぶせでねると赤ちゃんがつぶれないか・・・と心配になってしまいますよね。

うつぶせ寝は妊婦さんが息苦しさを感じなければ「妊娠中期まで」ならうつぶせ寝でも問題ないようです。

 

☆横向きで寝る☆

横向きには、右側を下にして寝る場合と左側を下にして寝る場合があります。

この場合の横向き寝は「左側を下にした横向き寝」がおすすめです。

妊娠中期を過ぎたら左側を下にした寝方をするようにしたほうがいいようです。

この左側を下にした寝方を「シムス姿勢」といいます。

 

妊婦さんの意見では、日によって楽な姿勢が違ったという意見もありますし、今までなら絶対寝れない寝方が楽だったという意見なんかもありました。

 

妊婦の腰痛対策!おすすめのアイテムは?

腰痛対策としておすすめのアイテムは「抱き枕

ご自身の身長と同じくらいやちょっと長い抱き枕なら腕・お腹・足を支えることができますので、楽な姿勢で寝ることができます。

実際の妊婦さんんお意見でも、抱き枕が必要と感じた方がほとんどとなり、必須アイテムに近いようです。

 

その他にも、腰や骨盤を支えることのできる、ベルトやさらし、骨盤クッションなんかも腰痛対策におすすめのアイテムとなります。

体を冷やさないことも大切となりますので、妊婦帯や腹巻もいいと思います。

 

まとめ

Sponsored Link

妊婦さんの腰痛は8割の方が経験します。

寝るときの姿勢は、仰向け寝は避け、妊娠中期までならうつぶせ寝でも大丈夫です。

妊娠中期以降は左側を下にした「シムス姿勢」で寝ることがおすすめです。

 

悩ましい腰痛対策におすすめのアイテムは「抱き枕」となります。

様々な腰痛アイテムがありますので、上手に使いつつ辛い腰痛を乗り越えましょう。

Sponsored Link