Sponsored Link

沖縄と言えば、温かいイメージであったり、海!を想像する方が多いのではないでしょうか。

ゴールデンウイークに沖縄に行こうと決めたのなら、沖縄のきれいな海を見るだけでなく、海に入って泳いだりと満喫したいですよね。

長期休暇を取って沖縄の海をゆったりと満喫してリラックスすれば最高のゴールデンウイークとなりそうですよね。

今回は、ゴールデンウイーク中の沖縄の海は泳げるのか、沖縄の気温はどうなのかという点についてまとめていきます。

 

ゴールデンウィークの沖縄の海って泳げるの?海開きはいつ?

沖縄の海開きは「3月~4月」に行われるところがほとんどとなります。

なので、5月のゴールデンウイークには、海開きも行われており泳ぐことができるというわけですね!

 

しかし、ゴールデンウイーク中の水温の平均は23℃とまだ冷たいようです。

気温自体は温かく過ごしやすいのですが、海に入るには、入れるけど冷た~い、という感じになります。

海水浴をするには水温は26~27℃くらいが泳ぎやすいといわれています。

 

ゴールデンウィークの沖縄の気温は?海に入るのは未だ寒い?

ゴールデンウイーク中の沖縄の平均気温は24℃です。

最高気温の平均は26.7℃、最低気温の平均は21.8℃となっています。

 

水温の平均は23℃くらいとなっています。

沖縄の夏の水温は28~29℃くらいなので、比べるとかなり低く、ちょっと冷たいけど入れる!くらいを想像するといいと思います。

 

ゴールデンウィークの沖縄はどんな服装でいくべき?

5月の沖縄の服装指南によると、半袖短パンなど夏場の服装で風通しのいい恰好でいいようです。

日焼け対策として長袖を用意するということも

また、建物内やホテルなどはエアコンが効いていて肌寒いこともあるようですので、薄手のカーディガンやパーカーを持っていくといいでしょう。

 

日差しが強い時もありますので、紫外線対策はしっかりとしていくようにしましょう!

 

まとめ

Sponsored Link

ゴールデンウイーク中の沖縄の海の平均水温は23℃

ちょっと寒いけども泳げるくらいの気温となっています。

沖縄の5月の平均気温は24℃

服装は、夏場の風通しのいい半袖と短パンなどの服装で問題ありません。

しかし、建物内はエアコンが効いていいるのでカーディガン・パーカーなどの薄手の羽織れるものを持っていくようにするといいでしょう。

 

日差しが強い時には数時間泳ぐだけでもやけどのように日焼けをし痛くなってしまう場合があります。

海で泳ぐときも砂浜で遊ぶときも、紫外線対策はしっかりとしてから出歩くようにしましょう。

 

Sponsored Link