Sponsored Link

大学生時代は、中学や高校とは違い、髪の色やネイルなどは自分の好きなように変えていたという方も多いと思います。

しかし、就職活動の時期になると、それまでとは違い、印象を良くするため、髪を黒髪に戻すという方がいます。

黒髪で面接に行き、内定をもらった場合、入社した後も、黒髪を貫かなければいけないのでしょうか。

この問題に関しては、職種や会社によって基準が違いますので、詳しいことは、自分の職場に確認しなければいけません。

今回は、一般的な髪のマナーについて紹介していきます。

新社会人の方は、ぜひ参考にしてください。

新入社員の髪の色…いつ頃から染めてもいい?

4月から就職し、新入社員になるという方の中には、髪の色に悩んでいるという方もいるかもしれません。

就職が決まっている会社の面接に行ったときに、黒髪だったという方は、入社式や説明会にも黒髪で行くことをおすすめします。

新入社員は、仕事のことも分かりませんし、職場の雰囲気や、働いている人たちに関しても全く分からない状態です。

そのような中、髪を染めていくのは、とてもリスクが大きいことといえます。

まずは、黒髪で職場に慣れ、周りの様子が分かってきてから、髪を染めることをお勧めします。

一般的に、新入社員の方は、夏が過ぎるあたりから髪を染めていくようです。

事務職でも茶髪にしていいの?病院の医療事務でもOK?

事務職や医療事務であっても、髪の色に関する決まりがなければ、染めても大丈夫でしょう。

しかし、奇抜な色は避けた方が良いです。

金髪や紫など、社会人としての常識を逸脱した色は好まれません。

同じ事務職や医療事務という仕事であっても、勤める会社によって髪色に関しての規則が違います。

髪を染めたいと考えているなら、上司に相談してから染めるようにすると良いかもしれません。

事務職の新入社員におすすめの髪の色は?

髪を染めるのであれば、落ち着いた茶色がお勧めです。

アッシュ系や金髪は、とても目立つので、初めのうちは避けた方が良いでしょう。

3か月ほど勤務し、周りの髪の色や、職場の雰囲気を見ながら、徐々に染めていくことをお勧めします。

事務職のネイルは許される?

あまりにも派手過ぎるものや、仕事に支障が出るものに関しては、禁止されていなくても、避けてください。

お手入れの範囲のネイルであれば許可している会社が多いようです。

まとめ

Sponsored Link

就職活動も終わり、会社の内定をもらったという方は、髪を染めたいと思うことでしょう。

しかし、新入社員は、初めのイメージが大切です。

そのため、あまり髪を染めていくことはお勧めません。

入社し、ある程度会社の様子が分かってから、規則の範囲内で髪を染めてくださいね。

Sponsored Link