Sponsored Link

 

ゴールデンウイークが近づいてくると予約可能なキャンプ所は非常に混み合うくらい人気となります。

予約できないキャンプ場に至っては大混雑と渋滞が発生してしまうようです。

ゴールデンウィークにキャンプ…夜はまだ寒い?

ゴールデンウイークがあるのは5月。

5月は日中は半袖でも過ごせるくらい温かいと思いきや、朝や夜には冷え込みます。

寒暖差が激しいのが5月のキャンプの特徴となります。

 

夜にキャンプをするとなったら、しっかりと寒さ対策をしてからキャンプをすることが重要となってきますね。

ゴールデンウィーク中に北海道でキャンプする人はいる?

北海道でキャンプをする方はもちろんいます。

北海道も5月のゴールデンウイーク中はキャンプの時期になりキャンプ場も運営されています。

しかし、北海道でキャンプをする際にはしっかりとした寒さ対策は必須ですので、その点は注意したいところです。

 

 

ゴールデンウィークのキャンプにおすすめの服装♪

まだあたたかな日中に着る洋服とは別にプラスして、着用できる防寒着を用意するようにしましょう。

温かいだろうと油断していると、夜はぐっと冷え込みキャンプどころではないくらい寒くなってしまうこともあります。

 

おすすめの服装は寒暖差が激しいので、気温に合わせて脱いだり着たりすることができるように、長袖のシャツなどを着用し、寒くなったら薄手でさっと着ることのできるダウンジャケットなどを持っていくといいでしょう。

 

 

寒さ対策のために持参したほうがいいアイテム

寒さ対策のために持参したほうがいいアイテムをいくつかご紹介します。

・寒い時に着用する防寒着

・体を温めることのできるアイテム

・体を温めることのできる食事

 

寒い時に着る防寒着はなるべく荷物にならないように薄手でコンパクトに収納できるものがいいです。

現在ではユニクロなどで薄手なのに暖かい、さらに軽量化してある防寒着もありますので、そのようなものを持っていくといいでしょう。

 

体を温めることのできるアイテムは毛布やひざ掛けなどのブランケット、ホッカイロなどがありますね。

さらに、食事の際には体を温められるたき火やアウトドア用のストーブなんてものも販売があります。

AC電源が利用できるのならホットカーペットがあると快適でしょう。

 

体を温められる食事では、鍋料理汁物などの食べると体を芯から温めることができるでしょう。

さらに香辛料などで辛みをプラスするとさらに温かくなることでしょう。

 

まとめ

Sponsored Link

ゴールデンウイークの5月は寒暖差が激しいのが特徴となります。

昼から夜にかけてキャンプを行う際には、温かいからと油断せずにしっかりとした寒さ対策をしてからキャンプをするようにしましょう。

Sponsored Link