Sponsored Link

高校受験をするという人にとって、中学校生活での最大の目標は希望の高校に行くということかもしれません。

もし公立にも私立にも受からなかったらどうなるか、どのような選択肢があるのかなどまとめていきます。

高校受験で公立にも私立にも受からなかったらどうなる?

まずはそうならないようにしっかりと勉強をしておくことが大前提とはなりますが、万が一どちらにも受からなかった場合にはどのような選択肢があるのでしょうか。

・二次募集をしている学校を受験する

・卒業した際に高校節業と同等と認められる専修学校を選択する

・来年受験する

・仕事をする

・何もしない

 

学校によっては二次募集を3月に行う学校もあります。

また、専修学校ですと、高校と同じ学力があると認められます。

どうしても行きたいところがあるのなら来年再度受験するのも方法のひとつですね。

また高校は義務教育ではありませんので、行かずに仕事をするという選択肢もあります。

何もしないという選択肢もありますが、何もしないといのはおすすめできませんので、何かしら次を決めて行動した方がいでしょう。

 

高校受験のために浪人する人の割合は?

平成17年に行われた調査では1.23%で100人に1人以上が浪人生活を送っていました。

その10年後の平成27年の全国の調査では0.74%と100人に1人もいなくなっています。

どんどんと少なくなってきている傾向にあるようですね。

ちなっみに性別別でみると男性のほうが女性よりも浪人してうる生徒が多いようです。

 

現在では通信制の高校などもあり、再度高校を受験せずに大学に向けて勉強するという生徒が増えているのも理由の1つのようです。

 

地方で公立高校に落ちたら?私立はバカにされるって本当?

色々と調べてみると地方(田舎)と思っている方は私立高校出身なのが恥ずかしかったり劣等感をずっと持っているという意見が見受けられました。

他人からバカにされたという体験談は確認できなかったですが、同級生にも会いたくないという方がいたり自分自身が嫌と思っている方が多いようでした。

 

しかし、その経験があったからこそ今頑張れている!どこに行ったかなんて最終的には関係ない!という前向きな意見もありましたので、決して卑屈になる必要はないと思われます。

 

まとめ

Sponsored Link

人生の中でも大切な分岐点となる高校受験。

必ず行きたいというところがあるのなら、それに向けてしっかりとした計画を立てて学校生活を送るようにしましょう。

公立も私立も行けなかった場合にも、選択肢はいくつかあります。

・二次募集をしている学校を受験する

・卒業した際に高校節業と同等と認められる専修学校を選択する

・来年受験する

・仕事をする

何かしら次の行動を決めて行動した方が目標ややることができていいと思います。

 

Sponsored Link