Sponsored Link

春の楽しみといえば、桜のお花見ですよね。

日本には、桜の名所といわれる場所がたくさんあります。

公園や山、お城など、様々な場所に見事な桜が咲き誇ります。

しかし、小学校や中学校、高校や大学にも、桜はたくさん咲いています。

卒業のシーズンや入学のシーズンなどは、桜並木を通りながらそれぞれの思いを胸に新たな未来へ旅立つものです。

学校の桜は、その学校に在籍している生徒だけではなく、大学の中には、一般人にも観覧することが出来るようになっているところもあります。

今回は、東京都内で、一般人も桜の花見を楽しむことが出来る大学を紹介します。

いつもしている花見とはひと味違うお花見を楽しみたいという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

東京都内の大学で一般人も桜のお花見が楽しめるキャンパスを紹介♪

・東京工業大学

東京工業大学には、大岡山キャンパス、すずかけ台キャンパス、田町キャンパスという3つのキャンパスがあります。

その中でも、桜の名所といわれているのが、大岡山キャンパスです。

とてもきれいな桜並木は、一般の方も観賞することが出来ます。

また、学内にあるレストランも一般の方が利用することが出来ますので、東京工業大学に行った際は、ぜひ寄ってみてください。

・東京大学

日本を代表する大学の一つである東京大学にも桜の名所があります。

東京大学にもいくつかのキャンパスがありますが、桜が有名なのは、本郷キャンパスと駒場キャンパスです。

本郷キャンパスの近くには桜の名所で有名な上野公園があります。

こちらは、桜のシーズンになると、お花見客がたくさんいて、混雑します。

しかし、本郷キャンパスの方は、ゆっくりと散歩しながらお花見を楽しむことが出来ます。

また駒場キャンパスも、比較的ゆっくりとお花見が楽しめます。

近くにある、目黒川周辺や、代々木公園は、人でいっぱいですが、駒場キャンパスではあまり人込みにあうことはないでしょう。

・東京農業大学

東京農業大学は、キャンパスの中にも見事な桜が咲き誇りますが、千歳通りにもたくさんの桜が咲きます。

世田谷のキャンパスは桜丘という場所にあり、とてもきれいな桜が咲きます。

周辺にも多くの桜が咲くため、大学内に入る前にも、花見が楽しめますね。

また、東京農業大学では、12月に咲く冬桜、ヒマラヤザクラも楽しむことが出来ます。

興味のある方がぜひ鑑賞してみてください。

・東京学芸大学

昔から桜の名所といわれている小金井ですが、東京学芸大学の桜は実は穴場スポットなのです。

桜を比較的長い期間に渡り楽しむことが出来るという特徴があります。

夜にはライトアップされた桜を楽しむこともできますので、ぜひ訪れてみてくださいね。

まとめ

Sponsored Link

桜はきれいですが、どこの名所に行っても混雑しています。

そのため、大学のキャンパス内にある桜は穴場なのです。

なかなか入ることのできない大学内ですので、少しワクワクした気分で、いつもとは違うお花見ができるかもしれませんよ。

Sponsored Link