Sponsored Link

 

入社した際には簡単な挨拶をするかと思いますが、入社の日に会えなかった人などには、入社の挨拶をメールで送る場合がありますよね。

その際に注意するポイントや、例文をご紹介したいと思います。

入社挨拶の社内メールで注意するポイントは?

挨拶で第一印象が決まるように、メール1通で第一印象が決まってしまうかもしれません。

しっかりとした敬語を使うことはもちろんですが、相手からするといきなり知らない人からメールがくることになりますので、最初にしっかりとした自己紹介をすることが大切です。

 

注意するポイントをいくつか挙げてみたいと思います。

・件名で挨拶メールとわかるようにする

・メールの文章は短く簡潔に

・決まった配属先と業務をしっかりとメールの文面に入れる

・前職のことについて一言で説明

・やる気と熱意がある文面を意識する

 

注意するポイントを踏まえていないと、メールのマナーも知らないのか・・・と最初からマイナスな印象を与えてしまいます。

 

 

新入社員の入社挨拶のメール例文を紹介【件名と本文】

件名:【配属のご挨拶】○○(所属部署)新入社員 ○○(名前)

 

~本文~

〇〇〇〇担当 〇〇様

初めまして。

本日〇月〇日より〇〇(所属部署)に配属されました〇〇 〇〇(名前フルネーム)と申します。

———————————————————————————————–

【既に任されことが決まっている仕事がある場合】

〇〇(所属部署)では、〇〇を担当することになりました。

 

———————————————————————————————–

先月までは、〇〇大学で〇〇を専攻していました。

 

ご迷惑をおかけすることもあるかと思いますが、1日でも早く戦力になれるように頑張っていきますので、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

 

〇〇 〇〇(名前フルネーム)

 

中途採用の入社挨拶のメール例文を紹介【件名と本文】

件名:【配属のご挨拶】〇〇(所属部署)新入社員 〇〇(名前)

 

~本文~

〇〇〇〇担当 〇〇様

初めまして。

本日〇月〇日より中途採用より中途入社いたしました〇〇 〇〇と申します。

所属は、〇〇(所属部署)に配属されました。

 

前職では、〇〇〇(職業)として〇〇を担当していました。

 

今回は未経験の分野となりますので、不慣れな点も多くご迷惑をおかけする場面も多くなるかと思いますが、1日でも早く戦力になりたいと思います。

 

ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

 

大変略儀ではございますが、取り急ぎまずはメールにてご挨拶させていただきます。

 

〇〇 〇〇(名前フルネーム)

 

まとめ

Sponsored Link

しっかりとしたメールのマナーを踏まえていないとマイナスな印象からスタートしてしまう可能性があります。

注意するポイントを踏まえてしっかりと丁寧な文面を送信するようにしましょう。

誤字脱字もないようにしっかりと確認することも大切です。

 

Sponsored Link