Sponsored Link

会社に勤めている方であれば、突然転勤を言い渡されるということもあると思います。

そんな時、子供の学校の関係や、パートナーの仕事の状況によっては、単身赴任をしなければいけないということもあると思います。

家族で引っ越しをする場合は、引っ越し先のご近所さんに挨拶に行く方は多いと思います。

しかし、単身赴任の場合、近所の方に挨拶に行かなければいけないのかどうかを迷う方は多いと思います。

近頃は、隣近所に住んでいる方の顔や名前を知らない人も多いと思いますが、新しく引っ越しする際は、やはり挨拶に行った方が良いでしょう。

今回は、単身赴任の引っ越し挨拶についてまとめます。

単身赴任の予定のある方はぜひ参考にしてくださいね。

単身赴任で引っ越し挨拶をすることに…粗品は必要?

引っ越し挨拶をする際は、粗品を持っていった方が印象が良いでしょう。

ものをもらって嫌な気持ちになる方はいませんので、気持ちばかりの品物を持っていくことをおすすめします。

品物を買いに行く時間がない場合は仕方ありませんが、できるだけ、準備しておいた方が良いです。

粗品の値段はどれくらいが普通?相場は?

引っ越しの挨拶に行く際の粗品は、あまり高いものはおすすめしません。

もらった相手が、逆に気を遣ってしまうので、高すぎるものはNGです。

一般的には、500円から1000円くらいが相場です。

引っ越し挨拶の粗品で人気なのは、タオルや図書券、洗剤やせっけんなどです。

お菓子も喜ばれる粗品です。

注意しておかなければならなのは、挨拶に持っていく粗品は、統一しておいた方が良いということです。

ご近所の方同士で、会話をされる方々もいますので、会話の際、品物が違うことが判明し、変な誤解をされてしまうことがあるかもしれません。

引っ越し用の粗品はどこで買う?粗品にのしは必要?

引っ越しの挨拶用の粗品は、しっかりとした百貨店などで購入しましょう。

人に渡すものですから、きちんとしたものを贈る必要があります。

また、引っ越しの挨拶ですので、のしは必要です。

のしには、ご挨拶と書くと良いでしょう。

粗品の渡し方はどうする?もし留守だったら?

粗品は、相手の迷惑ではない時間に持っていくのが良いです。

夜は20時までにしておきましょう。

また、留守の場合は、何日か行ってみて、それでも会えない場合、手紙を付けて、ポストなどに入れておきましょう。

まとめ

Sponsored Link

引っ越しをするということは、環境ががらりと変わるということです。

新しい環境での生活を快適なものにするために、引っ越しの挨拶を行いましょう。

単身赴任であっても、隣近所にどのような人が住んでいるのか、知っておいた方が良いですし、礼儀としてあいさつは必要です。

あまり高いものではない粗品を選んでくださいね。

Sponsored Link