Sponsored Link

春や夏がくると、高校球児が汗を流す甲子園を楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。

毎年、注目の選手がいたり、感動の試合があったりと、見逃せない行事の一つになっています。

特に、夏の大会では、3年生の引退がかかっているため、白熱した試合が見られます。

甲子園の試合は、テレビで観戦することもできますが、球場で生の試合を見ることもできます。

今回は、高校野球、甲子園球場の料金についてまとめたいと思います。

意外と知らない方も多いと思いますので、ぜひ参考にしてください。

高校野球のチケット☆座席ごとの料金を紹介

・当日券

中央特別自由席 一般・こども 2000円

1塁特別自由席 一般1500円 こども600円

3塁特別自由席 一般1500円 こども600円

1塁アルプス席 一般・こども 600円

3塁アルプス席 一般・こども 600円

外野席 無料(春の甲子園まで)

・前売り単日券

1塁特別自由席 一般1500円 こども600円

3塁特別自由席 一般1500円 こども600円

・通し券

中央特別自由席 28000円

1塁特別自由席 21000円

3塁特別自由席 21000円

・指定席(ボックス席)

4人席 8000円、9000円

5人席 10000円、11000円、13000円

・指定席(マス席)

5人席 12000円

6人席 15000円

・指定席(ペア席)

中央ペア席 6000円

3塁ペア席 5000円

・指定席(アルプスデッキ席)

16人定員 16000円

2018年夏の甲子園から外野席は有料に!なぜ?

今までは無料で観戦することが出来た、外野席ですが、2018年夏の甲子園から有料となることが発表されました。

これは、甲子園の注目度が年々増加し、外野席の席を取ろうとする人の行列ができているため、危険があると判断されたからです。

転倒などの危険があるため、チケットを購入して観戦してもらう形にし、安全に高校野球を楽しんでもらいたいという思いからだそうです。

料金は正式に発表されていませんが、500円前後になる見通しです。

チケットの購入方法☆ローソンで購入可能?当日でも買える?

チケットの購入方法は、様々です。

当日券は、球場開門と同時に発売が開始されます。

販売される場所は、阪神甲子園球場、入場券発売窓口です。

前売り券を購入する場合、コンビニで購入することも可能です。

しかし、券の種類によっては、コンビニで取り扱っていないものもありますので、注意してください。

ローソンで購入できる前売りチケットは、前売り単日券、前売りアルプスデッキ席指定券です。

他のチケットを購入したい場合、チケットぴあなどで購入できるものもあります。

まとめ

Sponsored Link

高校野球はテレビでも観戦できますが、生で見ると、感動も大きくなります。

最近では、注目の高校生も多くいるため、未来のプロ野球選手を見ておくのも良いかもしれませんね。

Sponsored Link