Sponsored Link

現在の家庭訪問では、学校側からお茶も含め何も出さないでくださいとお知らせがくる場合もあるようです。

しかし、お茶を出すか出さないかは家庭の判断にお任せします・・・と悩んでしまうお知らせがある場合もあるそうです。

その場合はどんな茶菓子をだけばいいか、どんなタイミングで・・・と迷ってしまいますよね。

 

子供の家庭訪問…茶菓子を出すタイミングはどうしてる?

今回は茶菓子を出す場合でご紹介していこうと思います。

禁止されていない場合、お茶や茶菓子を出す人の気持ちとしてはこのようなものがあります。

・飲まなくても、おもてなしや一般的なマナーとして出している

・子供に持っていってもらって場を和ませてから話せるので気持ち的に楽になる

 

また、少し寒ければ温かいお茶、温かい日は冷たいお茶を意識している方もいるようです。

お茶を飲むとお手洗いに行きたくなる先生もいますので、

「お手洗い使ってくださいね」と声をかけると喜んでもらえると思います。

やはりお手洗いに行くのは恥ずかしい先生が多いと思いますので。

 

タイミングとしては、飲み物と一緒に茶菓子を出すといいでしょう。

先生が来てからお湯を沸かしたりするのは時間の無駄になりますので、先生が座ってから、ちょっとお待ちください・・・と飲み物を準備するといいでしょう。

先生も一旦1人になれるので落ち着くでしょう。

また、すぐに飲み物は出せるようにしましょう。

先生とすぐに話したい場合には子供に持ってきてもらうという方法もいいと思います。

 

茶菓子やお茶には手をつけない先生が多いかと思いますが、学校側から遠慮くださいなどの案内がない場合には、用意しててもいいでしょう。

しかし、高価に見えるものや、食べるのや持ち帰りを強要することは控えましょう。

 

 

お茶菓子は自分の分も用意したほうがいい?

自分の分も用意していた方が、先生も気が楽なのではないかと思います。

自分1人だけに用意されていて、1人だけ飲むのは気が引けてしまいますよね。

飲む、飲まないは別にして自分の分も用意していていいのかなと思います。

 

参考にしよう!印象の良いお茶菓子の画像を紹介♪

高価に見えてしまうものを出されると先生も困ってしまうかと思います。

今回は高価に見えないものを意識して、いくつかご紹介したいと思います。

 

1つめ・・・

お茶と、個包装されたケーキです。

見た目もシンプルですし、手をつけなかったら持ち帰ってもらうこともできます。

しかし、遠慮された場合には強要はしないようにしましょう。

 

 

2つめ・・・

シンプルですが可愛らしいですね。

食べなかった場合にはラッキーと思って自分で食べちゃいましょう。

 

 

3つめ・・・

こちらはワッフルですね。

食べやすいようにフォークもついています。

 

 

4つめ・・・

非常にシンプルでいいと思います。

いくつかあるお菓子の1つかと思いますので、先生も気が引けることはないでしょう。

おもてなしとして用意された感じがあっていいですね。

 

 

最後はこちら・・・

こちらも個包装ですし、食べなかった場合は自分で食べるなり、子供にあげてもいいですね。

 

まとめ

Sponsored Link

家庭訪問では茶菓子を用意するかどうか迷われるかと思います。

学校側から何も出さないでくださいとお知らせがあった場合には用意するのはやめましょう。

特に何もお知らせがない場合には、食べる食べない、飲む飲まない関係なく、高級に見えないように気持ちとして用意するのがいいでしょう。

 

Sponsored Link