Sponsored Link

子供が小学生になると、毎年4月ごろに家庭訪問があります。

普段、生活している場を確認したり、児童の様子を確認するという目的で行われる家庭訪問ですが、ママたちにとっては悩みも多いと思います。

先生には家に上がってもらうのか、お茶を出した方が良いのか、お菓子はどうするのか、手土産は用意するべきなのか…

今回は、そんなママたちのために、家庭訪問のマナーを紹介していきます。

地域や学校によって、マナーは変わりますので、注意してくださいね。

家庭訪問では持ち帰り用のお茶菓子を渡した方がいい?先生の本音は?

家庭訪問の際、持ち帰り用のお茶菓子を渡すのか、悩む方も多いと思います。

結論から言うと、どちらでも構わないという結果になります。

先生たちは、お茶菓子を目的に家庭訪問に行くわけではありません。

児童の様子を話すために家庭訪問を行うわけですので、お茶菓子の有無はあまり気にしないでしょう。

お茶菓子の有無によって成績に影響することも全くありません

お茶菓子を用意するかどうかは、ママの気持ちで判断してください。

私の意見は、自分の気持ちが済むのであれば、お茶やお茶菓子を出すことをお勧めします。

食べるかどうかは、先生次第ですので、無理強いしないようにしてください。

家庭訪問が終わった後に、お茶菓子を出せばよかったと後悔するくらいなら、出した方が気持ちが良いと思います。

先生はどちらにしても、嫌な気持ちになることはありませんので、心配いりません。

家庭訪問でペットボトルのお茶を出すのはあり?

家庭訪問でペットボトルのお茶を出すのかどうかは、意見が分かれるところです。

マナーを重んじるのであれば、やはりペットボトルのお茶よりも、きちんと注いだお茶を出した方が良いでしょう。

しかし、利便性や安全性を重んじるのであれば、ペットボトルのお茶を出しても良いと思います。

ペットボトルのお茶は持ち運びができますので、必要な時に飲むことが出来ます。

また、自分の家で入れたお茶よりも、安全であると言えます。

どちらを選択しても、失礼には当たりませんので、自分が良いと思う方を選択してください。

まとめ

Sponsored Link

家庭訪問は、児童の様子を話すということが目的です。

そのため、お茶菓子に関して、先生は何も思いません

気になるのであれば、気持ち程度のお茶菓子を用意し、食べるかどうかは先生の判断に任せると良いでしょう。

それによって成績に影響が出ることはありませんので、安心してください。

何も出さないのは気が引けるという方は、出すことをお勧めします。

お茶菓子を出したら、迷惑がかかるという考えの方は、何も出さなくてよいと思います。

おもてなしに関してはあまり深く考えずに、子供についてしっかり話をしてください。

Sponsored Link