Sponsored Link

4月になると、多くの会社で新入社員を迎えることになります。

新入社員の方々は、慣れないことばかりで戸惑い、不安に感じることも多いと思います。

そんな新入社員の方々を先輩として激励するために、歓迎会を開催する会社も多いのではないでしょうか。

基本的にレクレーション係の社員が様々な手配を行います。

歓迎会の準備はいろいろなことを決めなければいけないので、大変です。

その中でも、まずやらなければならないのが、案内状の作成です。

今回は、新入社員歓迎会の案内状の書き方について紹介します。

例文も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

新入社員の歓迎会♪印象の良い案内状を作成するときのポイントは?

歓迎会の案内状は分かりやすく作ることが大切です。

誰のための歓迎会なのか、部署や課まで明記すると良いでしょう。

また、歓迎会を開催する日時場所なども的確に明記します。

会費を集める場合は、会費の金額も記入します。

一番大切なのは、参加の有無を問うことです。これによって、予約の人数が変わってきますので、期日を設け、出欠を確認します。

一枚ずつコピーし、一人ひとりに配布する方法や、社内の掲示板に大きなポスターにして張り出す方法があります。

それぞれの会社に適した方法を選択してください。

後から、歓迎会があることを知らなかったと言われないように、会社の社員にはもれなく情報が行きわたるようにしてください。

朝礼や終礼がある会社であれば、その際に社員に伝えても良いかもしれません。

案内状にはイラストを入れた方がいい?

会社の歓迎会ですので、基本的にイラストなどは必要ありません

フランクな会にしたいという場合はイラストを使用しても良いと思います。

しかし、会社の行事という印象を強くしたい場合は、使用しない方が良いでしょう。

案内状の例文を紹介!

・例文

新入社員歓迎会のお知らせ

新年度より、〇名の新入社員を迎えることになりました。

〇〇課 名前

〇〇課 名前

つきましては、新入社員の今後の活躍を祈念し、歓迎の意味を込めまして、下記の通り歓迎会を行います。

ご多用とは存じますが、ご参加くださいますようよろしくお願いいたします。

日時、場所、地図、会費

参加または不参加は〇月〇日までに〇〇までお知らせください。

まとめ

Sponsored Link

新入社員の歓迎会は、会場を決めたり、日時を決めたり、余興を決めたりと、とても大変な作業です。

案内状は簡潔に分かりやすく書くことがポイントです。

社員全員に歓迎会があることが伝わるように注意してください。

Sponsored Link