Sponsored Link

日本の多くの会社で取り入れられているものが朝礼です。

一日の仕事の流れを社員全員で確認するという目的や、連絡事項を共有するという目的があります。

新入社員にとって一番つらいのは、朝礼スピーチではないでしょうか。

会社によっては、週替わりや、一日交替で朝礼スピーチが回ってくるというところもあるようです。

朝の短い時間であるため、長く話す必要はありませんが、何を話せばよいのか迷う方も多いと思います。

今回は、朝礼スピーチで使える雑学を紹介します。

新入社員の方や、朝礼スピーチのネタがなくて困っている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

新入社員にとってつらい朝礼…ネタは常に持っておこう!

朝礼は、連絡事項の共有だけで良いのではないかと思っている方も多いと思います。

朝礼スピーチを行う意味が分かると、スピーチで話す内容も浮かんでくるかもしれません。

朝礼スピーチはすべての社員と顔を合わせることが少ない社内で、一人ひとりのことを知るきっかけになります。

そうすることで、社内のコミュニケーションが円滑になり、職場環境が良くなるということです。

しかしながら、朝礼スピーチの内容をその場で考えるのは、とても大変なことです。

事前に、いくつかネタを持っておくことをおすすめします。

自分の担当ではない日であっても、急にスピーチを振られることもあるかもしれません。

そんな時に慌てなくて済むように、いくつかのネタをいつも用意しておきましょう。

朝礼のスピーチに役立ちそうな雑学を紹介♪

朝礼スピーチをする上で、どのようなことに関して話すのか、決めておく必要があります。

大きく分けると、季節に関すること、天気に関すること、健康に関すること、時事に関すること、ドラマに関すること、スポーツに関すること、趣味に関すること、家庭に関することなどです。

新入社員の朝礼スピーチは、新生活について話すのも良いでしょう。

・例1

私は就職を機に一人暮らしを始めました。

ひとり暮らしをして、親のありがたみを痛感しています。

毎日家事を行うことの大変さが身に染みて分かりました。

仕事に関しても色々学ばせていただいていますが、今後は、家事のコツなども教えていただけると助かります。

今日も一日宜しくお願いします。

・例2

最近は、寒い日が続いています。

寒い日には、我が家では、生姜湯を飲んでから寝るという習慣がありました。

そのおかげで、私は風邪をひいたことがありません。

皆さんもぜひ試してください。

今年も生姜湯を飲んで健康管理に努め、一日でも早く会社の戦力になれるように頑張ります。

・例3

毎日が学ぶことの連続です。

昨日も、先輩に、焦る時ほど落ち着いて仕事をするようにと、教えていただきました。

焦ると、事故が増え、仕事も効率的でなくなってしまいます。

この言葉を胸に、今日も落ち着いて仕事に取り組みたいと思います。

宜しくお願いします。

まとめ

Sponsored Link

新入社員の方は、朝礼スピーチがになっているという方もいると思います。

しかし、緊張はみんな同じですので、あまり構えず、元気にスピーチをしてくださいね。

Sponsored Link