Sponsored Link

日本のお正月の定番といえばお餅ですよね。

鏡餅やお雑煮など、お正月には欠かせないものです。

お餅は、食べ方も色々あります。

あんこ餅やきなこもち、納豆を絡ませてみたり、砂糖醤油で食べることもできます。

しかし、ずっと食べていると、飽きてしまうことはありませんか。

お正月に買ったお餅がまだ残っているけど、定番の食べ方には飽きてしまったという方におすすめなのが、ミルク餅です。

今回は、ミルク餅のカロリーや、美味しい食べ方を紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

ミルク餅が人気上昇中♪どんな味がするの?

ミルク餅という名前を聞いたことがないという方は多いかもしれません。

ミルク餅とは、お餅に牛乳と砂糖を加え、電子レンジで温めるというものです。

とても簡単に作ることが出来ます。

しかし、餅の原料はお米ですので、牛乳と合うのか心配になるという方もいることでしょう。

実は、ミルク餅にすることによって、餅の食感がトロトロに変化します。

その食感がたまらなく好きになる方が多いようです。

牛乳を加えることによって、マイルドな味わいになるため、おやつにぴったりですよ。

餅を普通に食べることに飽きてしまった子供たちも、新しい餅の食感に大喜びするかもしれません。

普通の餅よりもカロリーは高いの?

餅は100グラムあたり234キロカロリーと、ごはん一善に相当するものになります。

そのためミルク餅も、カロリーは高いといえます。

しかし、牛乳は糖質が低めで、タンパク質やミネラルがバランスよく配合されています。

そのため、餅だけを食べるよりも、栄養が摂れる料理であると言えます。

電子レンジで簡単♪ミルク餅の作り方を紹介!

材料は餅と砂糖と牛乳だけですので、家にあるもので作ることが出来ます。

また、電子レンジで簡単に作ることが出来ますので、初めての方でも挑戦しやすい料理ですね。

チンして混ぜるだけで、餅の新しい食感に出会えますよ。

ミルク餅の美味しい食べ方を紹介♪

ミルク餅は、様々なアレンジを楽しむことが出来ます。

きなこをまぶして食べると、きなこミルク餅になります。

また、みたらし団子風に仕上げても美味しいですよ。

さらに、パンにのせて食べることもできます。

健康志向の強い方におすすめなのが、カボチャのペーストをのせて食べるというものです。

ミルク餅自体、味の主張が強いものではありませんので、様々なアレンジを楽しんでください。

まとめ

Sponsored Link

お正月には欠かせない餅ですが、雑煮などの定番料理で食べるのに飽きてしまうことはありますよね。

そんな時にミルク餅の作り方を知っておくと、ひと味違う餅を楽しむことが出来ます。

今年のお正月の餅が、まだ残っているという方は、ぜひ試してみてくださいね。

Sponsored Link