Sponsored Link

新入社員の方は、就職先が決まってほっとしているのもつかの間、社会人としての生活がすぐに始まります。

学生という立場から、社会人という立場に変わりますので、それに対する意識改革が必要になります。

自分で社会人としての基本的なマナーを身につけるということは簡単なことではありません。

そのために、企業側が行うことが、新人研修です。

社会人になるためには必要なことだと分かっていても、やはりどのようなことが行われているのか、不安になりますよね。

今回は、新人研修についてまとめていきます。

新人研修を行う意味や目的なども紹介しますので、ぜひ参考にして下さい。

新入社員が恐れる新人研修ってやっぱりつらい?

新人研修は、学生時代とは全く違う世界に飛び込むための準備です。

そのため、初めてのことばかりでつらいと感じる方もいるかもしれません。

そのような経験を通して成長していくものなのです。

新人研修はつらいと感じるかもしれませんが、社会人になるための階段であると考え、頑張ってついていってください。

新人研修の目的や研修期間は?

新人研修は、社会人としてのビジネスマナーを身につけるために行われます。

新入社員の方は、大学や高校を卒業したばかりの方がほとんどですので、社会人としての自覚が芽生えていない方も多くいます。

そのため、学生気分から卒業し、社会人になったという自覚を持ってもらうために行うのです。

また、会社の理念を理解する場でもあります。

これから勤務する会社について詳しく知るための時間なのです。

1週間から2週間ほどの期間を設けている会社が多いようです。

一般的な民間企業の新人研修の内容は?具体例を紹介!

新人研修とは、具体的にどのようなことを行うのでしょうか。

まずは社会人としての心構えや仕事の内容、ビジネスマナーについての講義があるところが多いようです。

言葉遣いや仕事に対する意識などを学びます。

また、電話の対応や接遇応対の行い方を学びます。

企業によっては、名刺の取り扱い方、お茶の入れ方などを学びます。

その後、研修の内容をレポートにして提出させる企業もあります。

また、5~6人のグループに分かれ、テーマを与えられ、それについて議論し発表するというものもあります。

面白い新人研修では、ゲームなどを取り入れていところもあるようです。

研修に臨む前に身につけておいたほうがいいビジネスマナー

研修に臨む前に心がけたいことは、10分前行動や、メモの準備などです。

また、会社側から用意するものをあらかじめ言われている場合は、忘れ物がないかチェックしておきましょう。

まとめ

Sponsored Link

新人研修は緊張すると思いますが、社会人になるためには必要なことです。

始めは分からないことばかりですので、恥ずかしがらず、一生懸命に取り組みましょう。

意欲的な姿勢が一番大切ですよ。

Sponsored Link