Sponsored Link

入社式は会社の大切な式典ですので、参加は必須です。

しかし、その後に開催される、飲み会は参加するべきなのでしょうか。

入社式の後に、親睦を深めるため、飲み会を開催する会社があります。

上司や先輩が参加する飲み会の場合もありますし、同期だけで集まって開催する場合もあるでしょう。

内定式の後に開催する会社もあるようですが、何らかの形で飲み会は開催されるところが多いようです。

今回は、入社式の後の飲み会に参加する必要がるのか、また、その飲み会でのマナーなどを紹介していきます。

就職が決まって、入社式を控えているかたは是非参考にしてください。

入社式の後は同期の飲み会が開かれるのが普通?

入社式は、社会人の第一歩です。

その門出を祝して飲み会を開くという会社は多いようです。

同じ部署同士での飲み会の場合や、同期入社の人たちで集まって飲み会を開く場合があります。

もちろん、そのような飲み会を開催しない会社もあります。

しかし、多くの会社で飲み会が開かれています。

同期と仲良くなるには?

同期で集まって飲み会を開催する場合、今後の職場の環境を良くするためにも、同期とは仲良くなっておきたいものです。

同期は新しいことを一緒に経験していく、仲間です。

そのため、分からないことや、辛いこと、会社内の情報などを共有することが出来る、とても大切な存在です。

同期と仲良くなるには、まず、自分から積極的に話しかけることが必要です。

出身地や年齢など、話しやすい話題から入り、親睦を深めてください。

しかし、あくまでも職場の同僚ですので、あまり深くかかわりすぎないように注意してください。

プライベートなことを聞かれることが苦手な人もいますので、相手の反応をしっかり確認しながら、コミュニケーションを取りましょう。

コミュ障でも飲み会は参加すべき?

人とのコミュニケーションが苦手な人も特別な用事がない場合は、飲み会に参加することをおすすめします。

飲み会に参加することで、今後の社会人生活での人間関係が円滑に進むというメリットもあります。

また、自分の性格を知ってもらうことで、誤解されにくくなるというメリットもあります。

会社でコミュニケーションが取れないと、付き合いの悪い奴であると思われてしまう危険があります。

しかし、入社式の後の飲み会に参加し、人とコミュニケーションをとることが苦手であることを発表しておけば、性格を理解してもらうことが出来るので、仕事場で気を遣わなくて済みます。

まとめ

Sponsored Link

若い方の中には、飲み会が苦手であるという方も多いと思います。

しかし、飲み会は嫌なものではなく、人間関係を構築するために良い方法の一つであると捉えてください。

お酒が飲めない方は無理に飲む必要はなく、いろいろな人の話を聞いて、人生の様々なことを学ぶきっかけにしてください。

Sponsored Link