Sponsored Link

春になると楽しみなのがお花見ですよね。

上野公園はお花見スポットとして大変人気のスポットとなります。

上野公園のお花見について場所取りに着目しまとめていきます。

 

上野公園で花見♩平日でも混雑する?

上野公園は桜の名所としても有名であり非常に混雑します。

200万人以上も訪れた年もあります。

非常に多くの人が訪れていますね。

 

上野公園がなぜこんなにも人気なのか、混雑するのかは桜の名所以外にもいくつか理由があります。

①駅から上野公園が近いことや、上野駅へのアクセスがよく便利なこと。

 

②お花見の時期になる3月下旬ごろから4月上旬ごろに、「うえの桜まつり」が行われること。

 

③上野公園には動物園などさまざまな施設が多いこと。

 

④上野公園の周りに会社や学校が多いこと。

 

⑤食事や買い物ができるお店も多く、お花見関係なくたくさんの人が訪れること。

 

そんな上野公園の平日の混雑状況は、土日に比べると混雑はしていません。

しかし、人気スポットには変わりはありませんので、混み合っていることでしょう。

平日でも来るタイミングが同じ人が多くいれば当たり前ですが混み合います。

 

 

上野公園の場所取りは大変?場所取りのルールがあるって本当?

公園やお花見スポットによってルールがあるところ、またそのルールも様々だと思います。

 

上野公園のお花見にはルールがあります。

上野公園のルールは以下の通りです。

営業時間は入園は自由。しかし23:00~翌5:00は立ち入り禁止

 

上野公園のルールでは深夜帯は立ち入り禁止ですので、深夜に入園し場所取りをしている人はルール違反となります。

しかし、残念ながら毎年ルール違反をする人が大勢います。

良い場所を取りたい気持ちはわかりますが、みんなが楽しく利用できるためにルールがあるので、守ってほしいものです。

 

東京で花見の場所取り代行サービスを利用した場合の料金相場は?

最近では場所取りは代行サービスにお願いして済ませるという方も多いようですね。

しかし、残念ながら相場はご紹介することは難しいです。

 

なぜなら、何時間場所を取っておくか、出張費、人数、広さによって料金が異なってきてしまいます。

もちろん依頼するサービス会社によっても金額の差があります。

 

ですので、都内の場所取りサービスに頼んだ場合に一例を、ご紹介している文がありましたので参考にしていただければと思います。

(ご紹介する一例は会社規模で以来したと想定しています。)

 

花見前日の20時半~翌日の9時までの13時間となり出張料3,000円+料金55,900円(1名/13時間 深夜料金Aランク)=58,900円になりました。

 

東京都内でさらに深夜の時間をお願いするとなると相当な金額になってしまいますね・・・。

また当日の依頼だったり、朝の時間帯に場所取りをしてもらうとなると場所取りは難しいですし、駆け込みは断られることもありますので、以来する場合には早めにしましょう。

 

 

まとめ

Sponsored Link

上野公園は桜の名所として人気のスポット。

そしてたいへん混雑します。

場所取りはたいへんでしょうが、ルールを守って場所取りしましょう。

 

現在では場所取りの代行サービスもありますが、結構高額な金額になってしまいますので、お酒や食べ物をちょっと豪華にしたりしたい気もしますね。

Sponsored Link