Sponsored Link

寒くなってくると、お鍋を食べる機会が増えてきますよね。

しゃぶしゃぶやすき焼き、ホルモン鍋や水炊きなど、お鍋には様々な種類があります。

しかし、最近は新しいタイプの鍋も多くなってきています。

その中でも今回は、アーモンドミルク鍋について紹介していきます。

女性にとってうれしい効果が期待できる鍋ですので、ぜひチェックしてみてください。

アーモンドミルク鍋ってどんな味?美味しいの?

アーモンドミルクとはアーモンドから作られた植物性のミルクのことです。

アメリカでは私たちが牛乳を飲むように、日常的に飲まれていましたが、日本で浸透していったのは2013年ころからであると言われています。

味は、牛乳よりもさっぱりしているため、牛乳になれている日本人にとっては初めはなじみにくいかもしれません。

しかし、女性にうれしい、エイジング効果が期待できるということで、注目が集まっています。

アーモンドミルクを使用した鍋をアーモンドミルク鍋というのですが、アーモンドミルクにみそを加えてスープを作るため、コクがあり、とても美味しく食べられます。

アーモンドミルク鍋のカロリーは?

女性の方は美容に興味があるとともに、カロリーにも注意する必要があるため、アーモンドミルク鍋のカロリーに関しては、気になるところだと思います。

アーモンドミルク自体普通の牛乳に比べて、カロリーが半分です。また、コレステロールが0なので、ダイエット中の方にもおすすめの鍋なのです。

鍋の中には、お野菜をたくさん入れるので、とてもヘルシーな食べ物です。

アーモンドミルク鍋の作り方は?

アーモンドミルク鍋を家で作る際のレシピを紹介します。

鍋のつゆの材料である、アーモンドミルク、水、酒、みりん、しょうゆ、みそを鍋に入れてひと煮立ちさせます。

そのスープに白菜や春菊、鶏肉やつみれなど、好きな具材を入れて火にかけます。

具材が煮えれば出来上がりです。

豆乳鍋との違いは?

豆乳鍋は大豆のしぼり汁である豆乳を鍋のスープに使用したものです。

豆乳は大豆イソフラボンや鉄分が多く含まれています。

大豆イソフラボンは冷えや生理痛などの症状を和らげる効果があるとされているため、女性に人気の鍋です。

アーモンドミルク鍋と比べると、少しカロリーは高めですが、豆乳自体はそんなにカロリーが高いわけではありませんので、安心して食べることが出来ます。

味は、豆乳鍋の方が少しコクが強く、アーモンドミルク鍋の方があっさりとしたものです。

味付けによって、印象は変わりますので、自分好みの味を見つけてください。

まとめ

Sponsored Link

寒い時期は、鍋で温まりたいですよね。

定番の鍋も良いですが、女性同士で集まる女子会でなべを食べる場合は、美容に良いとされているアーモンドミルク鍋を食べてみてはいかがでしょうか。

味も美味しいので、盛り上がりますよ。

Sponsored Link