Sponsored Link

上野動物園の人気者といえば、やはりパンダですよね。

他にもゴリラやトラなど、見ごたえのある動物がたくさんいますが、去年、パンダの赤ちゃんが生まれたことで、人気が上昇しています。

生まれたばかりの頃は、デリケートな時期のため、展示がされていませんでしたが、成長したことにより、時間制限はありますが、展示されるようになりました。

しかし、とても人気があるため、かなり混雑しています。

今回は、春休みの上野動物園の混雑や駐車場に関して紹介していきます。

上野動物園に遊びに行く予定のある方は、ぜひ参考にしてください。

春休みの上野動物園は平日でも混雑するの?

春休みは、子供たちの学校がお休みのため、動物園はかなりの混雑が予想されます。

土日になると、とても人が多く、なかなか動物たちをゆっくり見るということはできません。

では、平日はどうでしょうか。

実は、春休みは、平日も混雑してしまうのです。

今年の春休みは、パンダの赤ちゃんが生まれたことで、例年よりも多くのお客さんが来ることが予想されるため、混雑は覚悟したほうが良いでしょう。

春休みに上野動物園でシャンシャンを観覧するには?

生まれたばかりの頃は、デリケートな時期のため、観覧することはできませんでした。

しかし、現在は、シャンシャンの状態も安定しているため、観覧することが出来ます。

事前に観覧の予約を行い、当日は、30分という決められた時間の中での観覧です。

2018年2月1日からは、整理券による先着順に変わるようです。

春休みの時期の情報に関しては、まだ情報が発表されていないため、ホームページを確認してください。

上野動物園の敷地内に駐車場はある?

上野動物園へ車で行く場合、駐車場の有無に関しては気になるところです。

上野動物園には駐車場がありません

そのため、周辺の有料駐車場を利用しなければなりません。

いくつかの駐車場の情報をお知らせします。

上野公園第一駐車場

台数 100台 

代金 最初の60分まで60分400円、以降30分200円

上野公園第二駐車場

台数 24台

・タイムズ上野駅公園口

台数 159台

代金 一日最大2600円(平日)

上野パーキングセンター

台数 400台

代金 一日最大2000円(平日)

まとめ

Sponsored Link

赤ちゃんパンダのシャンシャンが生まれてから、上野動物園は、今まで以上に人気が高まっています。

そのため、春休みなどはかなりの混雑が予想されます。

春は暑くもなく寒くもない、丁度良い気候のため、お出かけしようと考える人が多いというのも混雑の理由の一つです。

少しでも混雑を避けたい場合は、雨の日などを狙っていくと比較的混雑を避けることが出来るかもしれません。

混雑を覚悟して、かわいいシャンシャンに会いに行ってくださいね。

Sponsored Link