Sponsored Link

中学校の離任式。

お世話になった先生や大好きだった先生が離任されるとなると、とても悲しいものです。

そんな離任式でお別れの挨拶を任されたらとても緊張することでしょう。

どんなことを話していいかを考えるところから始まるでしょうが、どうやって書き出せばいいか・・・と悩まれるかと思います。

 

そこで、今回は離任式当日のお別れの挨拶をする上でのポイントや、挨拶の例文をご紹介したいと思いますので、参考になればと思います。

 

離任式で挨拶する時のポイント

離任式という大きな舞台では、どんなに文章を決めてきても緊張してしまうかと思います。

緊張してしまうと口元でごにょごにょと話してしまって、何といっているのか聞こえなかったりしますよね。

 

そこで、一番簡単なポイントとなるのは、緊張していても、

口は大きく開けてはっきり話すことでしょう。

 

考えてきた文章を噛んでしまうことは全く問題ないですが、せっかく考えてきた文章がなんて言っているのか聞きとれなかった、なんてことになったらもったいないですよね。

 

中学校の教師との別れ…感動する例文を紹介!

離任される先生方との思い出があれば、それを交えつつ考えるのがいいでしょうが、例文をご紹介したいと思いますので、参考にしていただければと思います。

 

寒い冬が終わりを迎え、日に日にと温かい春が近づいてきています。

本日離任される先生方にはいろいろな授業でお世話になってきました。

そして、先生方は私たち生徒にたくさんことを教えてくれ、たくさんの思い出を残してくれました。

先生方に教わったことや思い出の日々はまるで昨日のことのようによみがえります。

 

○○先生は、○○の授業でお世話になりましたね。

先生の授業は生徒にも好評で〇〇な(面白いや怖いけど、授業がわかりやすいなど。当てはまるものをいれてください)先生だと生徒にも人気の先生でした。

 

○○先生は~と他にも離任される先生がいれば同じような文章を、もう1つ作ってください。

 

先生方、○○中学校のことを忘れずに、思い出として覚えていてください。

私たち生徒も、先生方との思い出を忘れずに頑張っていきます。

 

先生方、今まで私たちに教えてくださり本当にありがとうございました。

 

 

まとめ

Sponsored Link

離任式の挨拶という重大な役割を任されたら緊張するかと思います。

しかし、学校生活でも滅多に経験することもできませんので、いい思い出となることでしょう。

そんな方のために例文が参考になればと思います。

 

Sponsored Link