Sponsored Link

日本人の春の楽しみといえば、桜の花見ですよね。

様々な場所で美しい桜を見ることが出来ます。

数ある桜の名所の中でも、歴史が長く、平安時代から桜の名所として知られている吉野山の桜を見たことがありますか。

かつては豊臣秀吉も花見に訪れていたとされているのが、この吉野山の桜です。

桜の名所100選にも選ばれ、今や、外国の方にも人気の名所となっています。

今回は、そんな吉野山の花見に関してまとめていきます。

駐車場の情報や、見ごろなども紹介しますので、参考にしてみてください。

吉野山の桜の見ごろは?

吉野山の桜の見ごろは、例年4月上旬から4月下旬です。

吉野山の桜は、下千本、中千本、上千本、奥千本の順に開花していきますので、長い期間に渡り、楽しむことが出来ます。

夜桜を楽しもう♪ライトアップされる期間や時間帯は?

吉野山の桜は、夜桜を楽しむことが出来ることも魅力の一つです。

夜桜のライトアップは、例年3月下旬から4月下旬に行われています。

時間は、18時から22時です。

春といっても、夜はまだ寒い日もありますので、服装には注意してください。

吉野山の花見は夜でも混雑する?

吉野山の桜はとても人気があるお花見スポットです。そのため、混雑することが予想されます。

特に土日はかなりの人が訪れます。

ただ、夜桜を見る場合、お昼間に比べると、混雑はしていません。

しかし、ライトアップされるため、20時くらいまでは少し混雑している場合があります。

吉野山の敷地内に駐車場はある?

吉野山の花見は大変人気があるため、混雑が予想されます。

周辺の道路は渋滞しますので、公共の交通機関を利用することをお勧めします。

車で行く場合は駐車場を利用することが出来ますが、台数に限りがあります。

・下千本駐車場 400台収容可能 駐車料金1500円

・郊外駐車場 駐車料金1500円(無料シャトルバス有)

・吉野山観光駐車場 400台収容可能 駐車料金1500円

・如意輪寺駐車場 200台収容可能 駐車料金1500円

この他にも、桜の時期限定でオープンする駐車場もあります。

吉野山の周辺は、桜のシーズンになると、交通規制がされますので、渋滞は覚悟していった方が良いかもしれません。

近くの駐車場に停めたい場合は、朝早くから行かないと停めることが出来ない可能性があります。

まとめ

Sponsored Link

お花見は、気持ちが癒されます。

吉野山の桜は、長い期間に渡り楽しめるのでおすすめです。

かつては豊臣秀吉も観賞したとされる吉野山の桜を楽しみたいものです。

しかし、有名なだけあり、かなりの混雑が予想されます。

お花見に行く際は、時間に余裕をもっていきましょう。

Sponsored Link