Sponsored Link

大学受験を控えている方にとって、センター試験はとても重要な試験となります。

そんなセンター試験で、良い結果を出すための方法があるとしたら、ぜひ試してみたいですよね。

今回は、実際に東大の合格率がUPしたという、意外な方法を紹介します。

勉強の仕方や、時間配分に関するような、難しい方法ではありません。

誰にでも簡単に行うことが出来る方法ですので、ぜひチェックしてみてください。

昼寝の効果とは?

東大合格率がUPした、簡単な方法というのが、昼寝なのです。

意外に思われる方も多いと思いますが、実は、お昼の時間は、脳の働きが鈍くなる時間帯なのです。

脳の働きが鈍い時に、一生懸命勉強しても、なかなか頭に入っていかないのは、当然のことです。

眠いと感じている時に勉強しても意味がありません。

昼寝をすることによって、脳がリフレッシュし、再び活発に働くようになります。

昼寝の時間は、30分以内が良いとされています。

たった30分以内の昼寝で午後からの脳の働きが変わってくるのです。

難しい方法ではありませんよね。

大学入試を控えている方にとって、30分という時間は、単語をいくつか覚えることが出来る、貴重な時間かもしれません。

しかし、その30分を昼寝の時間に回すことで、単語をいくつか覚えるよりも、格段に勉強の効率が上がるかもしれませんよ。

昼寝で東大合格率がUPしたって本当?

実際に学校のカリキュラムの中で昼寝を取り入れている高校では、昼寝をする前と比べて、東大合格率が2倍にUPしたという結果が出ています。

個人差はあると思いますが、学校全体でこれだけの成果が出ているということは、信憑性の高い情報であると言えます。

勉強に限らず、仕事にも応用することが出来ます。

お昼寝をすることによって、午後の仕事の効率が上がるのです。

発展している会社では、お昼寝を取り入れているところが多いようです。

2018のセンター試験でも昼寝したほうがいい?

センター試験の当日も、もちろん昼寝をすることによって午後からも、活発に脳を働かせることが出来ます。

しかし、センター試験の当日は、気持ちが高ぶっていますので、なかなか眠ることが出来ないかもしれません。

そんな時は、焦ることなく、ゆっくり過ごしてください。

まとめ

Sponsored Link

センター試験を受ける方は、1点でも多く点数を取りたいと考えます。

そんな中、昼寝をすることなんて考えないと思います。

しかし、午後からの勉強を意味あるものにするために、昼寝は大切なことなのです。

実際に昼寝を取り入れている高校では、東大の合格率がUPしているという結果も出ています。

一度、試してみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link