Sponsored Link

 

そろそろ卒業式のシーズンが近づいてきました。
卒業式は思い出に残るイベントの1つでもあります。
そんな卒業式にお世話になった先生からお祝いの祝電が届くと懐かしさと嬉しさがありますよね♪

さて、そんな卒業式で中学校の時の教え子に祝電を送りたいと考えている先生方もいるかと思います。
卒業式には参加できないけどもお祝いの気持ちや新生活への応援の気持ち、無事に卒業できることへの喜びなど・・・祝電に込めたいと思っている方もいるかと思います。
個人的に送ったり、学校自体に送ったりとさまざまかとは思います。

卒業式の祝電で注意すべきポイントは?

まずは配達日には注意しましょう。
せっかく祝電を送るのに卒業式に間に合っていなければ意味がありません。
卒業式に学校に送る場合は、卒業式の前日に届くように送るといいでしょう。

個人的に送る場合には卒業式の1週間前後に届くように送るといいでしょう。

 

続いては文字数です。

文字数によって料金が変わってきますので、どのような文章にするか事前にしっかりと決めておきましょう。

中学校の教え子へ。祝電の簡単な例文を紹介♪

 

ご卒業おめでとうございます。
長いようで思えば短かった学生生活だったと思います。
たくさん学び、いっぱい遊んだ3年間は人生の輝く1ページ。
3年間は短かったけれども人生で輝いていた時期だったと
分かる日が訪れると思います。
とうとう慣れ親しんだ校舎とお世話になった先生方に
別れを告げるときがきました。
新しい人生への門出です。
楽しかったこと、苦しかったこと、たくさんの思い出を大切に
新しい世界へと羽ばたいていってください。
みなさんのさらなるご活躍を期待しています。
本日は、ご卒業おめでとうございます。

 

卒業生の皆さま、保護者の皆さま、本日はご卒業おめでとうございます。
皆さまのはれの日に、このようにお祝いが言えること大変うれしく思います。
これまでの学生生活での経験、出会った多くの友人、先生方は皆さんの財産となります。
これからの新しい生活は期待と不安でいっぱいかと思います。
卒業生の皆さんの未来が夢と幸せで輝きますようお祈りいたします。
3年間の思い出を胸に、今後皆さんのさらなる前進を期待しています。

本日はほんとうにご卒業おめでとうございます。

まとめ

Sponsored Link

卒業式には参加できないけども卒業のお祝いや新生活へのエールを送りたいと考えている方もいるかと思います。
中学校の教え子に祝電を送ろうと思っている方の参考になればと思います。

Sponsored Link