Sponsored Link

 

香箱蟹は北陸地方で獲ることのできるメスのズワイガニのことです。
茶色の外子と呼ばれるプチプチの卵、味噌の部分のオレンジの内子を持っています。
地元でも人気の高いカニです!

 

金沢の名物♪香箱蟹の食べ方(捌き方)を紹介(動画)

簡単なさばき方を紹介している動画がありましたので、まずはこちらをご覧ください↑↑↑

動画で紹介されたさばき方をおさらい!

 

①先端の足を反対側(外側)に折り、細い筋を取る。反対側の足も同様に
 (一緒に白い細い筋が取れます、食べるときに身の中に筋を残さない為に行います)

 

②裏側(お腹側)についている外子を取る
 (付け根あたりまで指を入れて反らすようにすると簡単に外れます)

 

③足を外していきます
 (両足を内側(お腹側)に起こすだけで外れます)

 

④内子を取り出します
 (カニの口の部分を親指でぐっと押すと外れます)

 

⑤外した足の、食べれない部分を手ではがしていきます

 

⑥足に残っている味噌をスプーンで取っていきます
 (スプーンで簡単に取れるので甲羅の中にいれていきましょう)

 

⑦足をカットしていきます(足の付け根から少し外側に包丁をいれます)
足の親指はほとんど食べられませんので、付け根でカットします(飾りで使います)
反対側の足も同様にカットしていきましょう

 

⑧カニの足身をすりこ木棒でだしていきます
(包丁を入れていない方向からすりこ木棒を回しながら身を出していきます。抑えながら回しながら、身を押し出していくイメージでやると上手くいきます)

 

⑨足身が全部出せたら、次は胴身を出していきます
(足身と同様にすりこ木棒で上から押さえつけて回します。ほとんど身は残りませんが、多少残った部分は手で出していってください)

 

⑩外子の筋を外していきます(簡単に指で取れていきます)
 外した筋の付け根を持って引っ張りながら外子を取っていきます(多少外子の中に筋が残るので気になる方は除くか、食べながら口の中で除いてください)

 

⑪最後は盛り付け♪

 

香箱蟹の茹で方

様々な茹で方がありますが、今回は生きたままの茹で方をご紹介します。

 

①カニを真水に浸けて、一気に弱らせます

 

②カニに砂や泥が付いていることがあるので、タワシや使わなかった歯ブラシなどで洗っていきます

 

③大きな鍋を用意したっぷりの水を沸騰させていきます

 

④塩を入れていきます。目安は水1Lに対して塩が15~25gくらい(海水より少し薄いかな~くらい)です。
温度が高い方が早く溶けるので熱湯に入れましょう。

 

⑤甲羅を下にしてカニを入れます。カニが浮かないように落し蓋をし、再沸騰するのを待ちます(湯で終わりまで火加減の調整はしなくて大丈夫です)

 

⑥再沸騰してから18~20分くらいが目安です。
 少し茹ですぎでも身が固くなることはないのでしっかり茹でましょう。

 

⑦茹であがったら甲羅を下にしてザルなどに乗せて冷ましましょう。
 触れるような温度になったらアツアツを捌いて食べましょう♪

卵や外子も食べれる?美味しい?


外子は成熟した卵のこと。プチプチとした食感でそのまま食べることもできます。
そのまま食べる時には少したけ醤油をつけて食べると美味しく食べれると思います。

やはり美味しいのは未熟な卵である内子
オレンジ色の卵がびっしりと入っており絶品です!

 

まとめ

Sponsored Link


オスのズワイガニでは味わうことのできない卵は、香箱蟹ならではの魅力です。
11月頭から年末ごろまでが旬となっています。

Sponsored Link