Sponsored Link

卒業式。先生からすると大切な教え子が卒業する大切な日でもありますね。
卒業式の女性教員の服装は、日ごろの学校生活と違って新鮮で印象に残っていた思い出があります。
親御さんからも生徒からもいい印象を持たれるような服装がいいですよね。

 

卒業式に出席する女性教員の服装は何を選ぶのが一般的?


一般的に選ばれるのは儀式の時に着る服である「式服」のようです。
礼服ともいいますね。

また、担任であったりすると袴を着る先生もいます。

袴を着た先生はとても綺麗で感動するものがあった覚えがあります。
礼服でも袴でも、主役は生徒なので、派手すぎるものは控えましょう。

 

卒業式に喪服着用はダメ?


ダメというわけではありません。
礼服の中で黒のものを総称しブラックフォーマルウェアと呼びます。
喪服も大きくカテゴリー分けすると礼服になるのでブラックフォーマルウェアは喪服と考える方もいます。
違いは少なからずあるのですが、ブラックフォーマルウェアは卒業式にふさわしくも喪服として着用するほうが多いものになります。
ブラックフォーマルを選ぶ際には慶事用・弔事用とありますので、慶事用を必ず選びましょう。

 

喪服と礼服は違うの?

中々違いは無地かしいところがありますが、それぞれの特徴を挙げてみます。

 

喪服:葬儀、法事などに着る時の礼服。
   正喪服・準喪服・略喪服の3つがあります。

礼服:冠婚葬祭の場で着る服、フォーマルウェアともいう。
   正礼装・準礼装・略礼装・平服の4つがあります。

 

礼装の中の1つが喪服という位置づけがされているようです。

 

卒業式に合うように喪服を上手にアレンジするには?


必ず意識してほしいのは、
「喪服にみえないようにすること」
確かに喪服で着ることのあるものではありますが、卒業式の舞台に喪服に見えてしまってはどうしようもありません。

そして必ずつけてほしいのはコサージュ
大きさは大きいものでシンプルなものにしましょう。
コサージュに合わせたネックレスも同じく必須アイテムと言えるでしょう。

 

まとめ

Sponsored Link

卒業式でブラックフォーマルを着用する際には、喪服に見えないようにコサージュをつけるなど、華やかなポイントを作りましょう。
女性の場合のブラックフォーマルは慶事用・弔事用と分かれていますので、慶事用を必ず選ぶようにしましょう。
ブラックフォーマルは一般的には喪服のことになるので、購入する際には注意しましょう。

卒業式に来る親御さんにとっても大切なものとなりますので、教員として恥ずかしくない服装を心がけましょう。

Sponsored Link