Sponsored Link

 

小学校・中学校と卒業式では卒業証書授与で1人1人名前を呼ばれて返事をする・・・という場面があると思います。
高校では代表者が受け取るのでないというところもあるかもしれませんね。

緊張すると声が震えてしまう人の特徴


緊張しないという方もいるかもしれませんが、多くの人は緊張してなさそうに見えても緊張している人がほとんどです。
社会不安障害の症状例に、場面恐怖症という症状があります。
緊張して声が震えたり人前でうまく発言できないなどが挙げられます。
不安や恐怖、緊張があると症状がでてしまうことがあります。
緊張を完全になくすというのは難しいかもしれませんが、不安要素をなくしていくことで軽減はするかもしれないですね。

卒業式の返事を大きくするコツや練習方法は?

声が小さい人は胸で呼吸して、口元だけで声を出している方に多く見られます。
大きな返事は、吐く息の量で変わってきます。
よく言われるのはお腹から声を出すということです。
お腹に息をため、返事をする時にお腹にためた空気を全部吐き出す勢いで、
「はい!」と返事をしてみましょう。
声も出しやすくなり、声も大きくなると思います。

あとは思いっきりするだけです。
会場は大きいので思ったより大きく聞こえないものですよ。

姿勢を正して、返事をする前に息を吸って、お腹から出すイメージで。

友達と公園などで離れて聞こえるように返事をしあったり、何回も練習することで不安もなくなっていくと思います。
普段大きい声を出すことがないと中々でにくいと思いますが、練習あるのみです。

 

式を面白くするために、返事をふざける生徒がいるって本当?

残念ながらそのような生徒もいるようです。
卒業式は正式な場ですので、ふざけるところではありません。
ましてや来賓の方も来ていますし、卒業式を楽しみにやってきた保護者の方だっています。
そんな人がいると場の雰囲気が壊れてしまいますよね。
笑う方もいるかもしれませんが、案外面白くないものです。
卒業生のために様々な方が来ているので、卒業の場に見合うような態度で臨むようにしましょう。

まとめ

Sponsored Link


卒業証書を渡される時に先生から名前を呼ばれて返事をします。
緊張する場面でもあり、保護者からすると楽しみな場面でもありますよね。
緊張はしてしまうと思いますが、みんな同じく緊張するものです。
コツはお腹から声をだすイメージです。
たくさん練習して不安を減らすと気持ちも楽になると思いますので頑張ってみてください。

Sponsored Link