Sponsored Link

クリスマスに見ることのあるブッシュ・ド・ノエル。

作ったことのあるって方や、作ってみようと思っている方もいるかもしれませんね。

今回はそんなブッシュ・ド・ノエルとは何か、簡単な作り方などご紹介していきます。

 

ブッシュドノエルとは?どんな意味がある?

ビュッシュ・ド・ノエル。ブッシュ・ド・ノエルとも言います。
フランス語でビュッシュ丸太を意味します。
そして、ノエルクリスマス
そのままの意味でクリスマスの薪を表しています。
形も薪や切り株の形をしていますよね。
基本的にはクリスマスに食べるケーキとして作られます。

 

ブッシュドノエルとロールケーキの違いは?

ロールケーキは、まず長方形に薄く焼いたスポンジにポイップクリームやバター、カスタードクリームやジャムや果物をのせて、くるくると渦巻き状に巻いて作った円柱状のケーキです。
円柱状のままのケーキや薄く輪切りにしたものもロールケーキと呼ぶこともあります。

 

そして、ブッシュ・ド・ノエルはブランス発祥のロールケーキの一種。
ブッシュ・ド・ノエルは輪切りにせずに円柱状のままで、表面にチョコレートクリームなどを塗り、フォークで木の表面に似せて波模様を付けます。
最後に粉砂糖を使って雪を表したりデコレーションをします。

 

ロールケーキはくるくる巻いて輪切りにして食べたりしますが、ブッシュ・ド・ノエルはロールケーキにデコレーションをしてクリスマスの薪を表わします。

 

クリスマスに手作り!ブッシュドノエルの簡単な作り方♪

丁寧な説明と手順がありわかりやすい動画です。
必要材料も少ないです。
クリームも綺麗に塗らないとだめというわけでな、木の表面を表せればいいので、適当に数カ所フォークを入れていきましょう。

 

それでも難しいかな・・・と思う方はフライパンでできる作り方もありましたので、こちらの動画を参考にしてみてください。
ブッシュ・ド・ノエルは動画の前半部分です、後半には色んなクリスマスのデザートの作り方があります。

動画で紹介されていた材料がこちら↓↓↓
◆直径28cmのフライパン1枚分の材料◆
卵 2個 
砂糖 30g
薄力粉 40g
溶かしバター 10g
ココア 大さじ2
砂糖 大さじ4
生クリーム 200ml
甘栗・デコペンはお好みで

◆手順◆
①ボウルに卵と砂糖をいれハンドミキサーでよく混ぜる(湯銭で人肌に温めると泡立ちやすい) 
②薄力粉をふるいながら混ぜ、溶かしバターをいれてさっくりと混ぜる
③クッキングシートをひいたフライパンに生地を流し入れ、弱火で10分ほど
④焼けたら、ラップに包み冷めるまで放置
⑤ボールに振るったココアと砂糖、生クリームを入れハンドミキサーで泡立て
⑥生地にココアクリームを塗り刻んだ甘栗を散らしてくるくると巻く。
⑦ラップに包んで冷蔵庫で10分冷やす
⑧ロールケーキの片方を斜めに切って上にのせ、ココアクリームを全体に
⑨フォークで木の表面の模様をつける
⑩チョコペンなどで年輪模様を描いて、お好きなデコレーションをする

まとめ

Sponsored Link

クリスマスの薪を表すブッシュ・ド・ノエル。
作り方は意外と簡単ですし、他にも色んな作り方の方法があるようですので、チャレンジしてみてはいかがでしょう。

Sponsored Link