Sponsored Link

 

卒業アルバムは卒業シーズンに見返したり、誰かに見せてと言われて見せたりと、後々見返すこともあり、ずっと残るものでありますね。
そんな卒業写真の写りは大切です、誰しも良く写るのなら良く写りたいと思います。
しかしどんなにかっこよかったり、可愛い人でもあんまりいい写りでない・・・ということがありますよね。

 

卒業アルバムの個人写真♪印象を良くするコツはある?


印象よく写るコツはいくつかありますが、姿勢を良くして顎を引くことが良く言われることでしょう。
顔しか映らないのならあんまり関係ないかもしれませんが、大体の卒業写真は、胸辺りだったり、肩辺りから写っていることが多いですよね。
猫背や、だらけた姿勢ではだらしない雰囲気や、なよなよた雰囲気が見えて、決していい印象とは言えません。
まず、背筋をしっかりと伸ばすようにしましょう!

続いて、「顎を引く」というと思いっきり顎を引いて二重あごになってしまっている方もいますが、顎を引くというより肩より前に出ている顔を背筋からまっすぐにする感じで「首を引く」、というイメージで考えるといいでしょう。

 

笑顔でも歯を見せるのはダメ?

学校によっては歯を見せて笑うように、と指示されるところもあったようです。
ダメということはないかと思いますが、思いっきり笑えれば楽しそうに見えて、かなり印象は良く素敵に見えますが、中途半端だとにやにやした感じになると思いますので、やるならやりきったほうがいいでしょう。
実際に卒業アルバムで歯を見せて笑っている方もいます。
綺麗に笑えていると素敵に見えますね。
歯並びが悪いという方はあまり歯は見せたくないかもしれないですね。

 

ポーズはとってもOK?ピースサインはダメ?

まず、ダメという指示がある場合はやめましょう。
みんな何もしてないのに1人だけポーズを取っていると浮いてしまいます。
特にダメでないという時にも、他の人がポーズを取っていないならやめた方が無難でしょう。

変なポーズをすると後々見返して恥ずかしくなってくると思います。
卒業アルバムは残るものになりますので、若気の至りは控えたほうがいいでしょう。
芸能人の卒業アルバムでピースサインで写っている写真を見ることはありますね。
これも同様に誰もポーズしていないのならやめた方がいいでしょう。

同じ理由ですが、浮いてしまいます。

あえて目立ちたい!というならしてもいいでしょう。

 

写真でニキビが目立たないようにするにはどーすればいい?


一生残るものですので、その時の肌のコンディションが残ってしまうのは嫌ですよね。
元々卒業写真を撮ることは決まっているので、事前にできるのは丁寧に洗顔したり、しっかりとしたスキンケアです。
そして今はニキビ専用のスキンケア商品もありますので、まずは卒業アルバムに向けてスキンケアを頑張っていきましょう。

そして当日にニキビができてしまった!ということなら、
コンシーラーやリキッドファンデーションを使って隠すのがいいでしょう。
赤いニキビは反対色であるが含まれている化粧下地を利用すれば、よりきれいに隠すことができると思います。
本来はニキビができている部分に化粧をすることはよくないことなので、終わったらしっかりとケアし清潔にしましょうね。

 

まとめ

Sponsored Link

一生手元に残る卒業アルバム。
個人写真の写りは大切です。
緊張するとかたい表情になってしまいますので、リラックスし、ご紹介したコツを意識してみましょう。

 

Sponsored Link