Sponsored Link

バレンタインデーは好きな人にチョコを渡して気持ちを伝える日です。

最近では、友チョコや自分へのご褒美チョコ、また義理チョコなども浸透してきているため、チョコを渡す相手に本命であると伝えることが難しくなってきています。

男性はバレンタインの女性のチョコをどのようにとらえているのでしょうか。

チョコをもらった場合、本当に喜んでくれているのでしょうか。

今回は、バレンタインにゴディバを渡す時に注意しておきたいことなどを紹介していきます。

男性側の意見も紹介していきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

バレンタインでゴディバのチョコを渡す意味!本命だと思われる?

ゴディバのチョコは、高級なチョコとして有名です。

女性としては、美味しくて高級なチョコを渡すことによって、自分の気持ちを伝えたいと思うものです。

しかし、男性は意外に単純な生き物ですので、質より量で気持ちを判断する方も多いというのが現実です。

ゴディバのような高級チョコは、一粒の値段が高いため、3000円のものを購入しても、それほど量がありません。

一般的なチョコは、3000円も払えば、かなりの量のチョコを買うことが出来ますよね。

男性の中には、こんなに小さなチョコであるということは、義理チョコであると判断してしまう方もいるということを頭に入れておきましょう。

義理チョコにゴディバは相手にとって重い?

普段から甘いものを食べる習慣のない男性にとっては、どのようなチョコをもらったとしても、重いと考える人はいません

また、ゴディバというブランドが高級チョコであるということを知っている男性であっても、重いと考える人は少ないようです。

最近では、購入することが出来る場所が増えてきたこともあり、ゴディバを目にすることも多くなってきました。

そのため、特に重たいという印象は持たれないようです。

バレンタインデーにゴディバのチョコをもらったら男は嬉しいの?

結果から言うと、うれしいものです。

甘いものが好きな男性であれば、美味しいチョコを食べられるわけですから、うれしくないわけがありません。

また、あまりチョコが得意ではないという人でも、バレンタインにチョコをもらったということ自体がうれしいことです。

もらったチョコは食べることが出来ないとしても、気持ちは伝わるものですよ。

まとめ

Sponsored Link

バレンタインに本命の相手にチョコを渡す場合は、本命であるということに気付いてもらう必要があります。

男性は、甘いものに無頓着な人が多い傾向があるため、どのようなブランドのチョコを渡すかということよりも、しっかりと思いを伝えるということが必要になります。

チョコ以外に手紙を添えるなどの工夫をして、男性に気付いてもらいましょう。

Sponsored Link