Sponsored Link

最近のバレンタインデーは、女性同士でチョコを渡し合う、友チョコや、自分へのご褒美として、少し高価なチョコを買って楽しむという方が多くなってきています。

しかし、好きな人に、自分の思いを伝えるために、チョコを渡す人もいると思います。

本命の人にチョコを渡した場合、気になるのがホワイトデーのお返しです。

お返しの有無や、値段によって、相手の気持ちが分かるかもしれません。

今回は、ホワイトデーのお返しの相場や値段に関して紹介していきます。

好きな人にチョコを渡すことを考えている方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

ホワイトデーのお返しの相場は?

 

ホワイトデーのお返しは、バレンタインデーにもらったものによって変わってきます。

昔は、もらったものの3倍くらいのものが妥当であると言われていたようですが、今は、1.5倍くらいが一般的のようです。

やはり、もらったらお返しをするというのが礼儀です。

女性は本命の人に、2000円から3000円のチョコを贈る人が多いようなので、お返しの相場は、3000円から5000円というところでしょう。

もちろん、バレンタインデーにもらったチョコが500円くらいのものであるなら、750円から1000円くらいのお返しで良いでしょう。

ゴディバのチョコの値段は?

ゴディバのチョコといえば、高級チョコレートのブランドです。

1粒の値段はとても高くなります。

しかし、様々な商品が販売されていますので、チョコの数が少ないものであれば、1000円から買うこともできます。

しかし、一般的にホワイトデーの贈り物としてゴディバのチョコを贈る人は、3000円から5000円の価格帯のものを購入される方が多いようです。

本命チョコをあげた彼からのお返しがゴディバだったら脈あり?

バレンタインデーに本命の人にチョコをあげた場合、ホワイトデーのお返しは、とても気になりますよね。

もしもゴディバのチョコをお返しにもらった場合、どのようにとらえたらよいのでしょうか。

ゴディバのチョコは、他のものと比べて、金額が高い、高級チョコです。

そのため、相手の男性はきちんとしたお返しを考えてくれているということになります。

ゴディバのチョコはパッケージもかわいらしいものが多いという特徴があります。

その中でも、例年、ホワイトデーの時期になるとハートの入れ物に入ったチョコが販売されます。

もらったお返しがハートのケースに入っていたら、かなり脈ありかもしれません。

まとめ

Sponsored Link

ホワイトデーは男性の気持ちを知ることが出来るチャンスです。

どのようなものをもらったかによって、相手があなたのことを大切に思っているかどうかが分かります。

しかし、そのようなイベントに無頓着な男性も大勢いますので、ホワイトデーのお返しがもらえなかったからといって、全く脈がないわけではありません。

相手がどのような人であるかによって、ホワイトデーのお返しのとらえ方も変わってきますので、普段から、相手の様子を観察しておきましょう。

Sponsored Link